当社リサーチャーが著者として参加した論文が著名な学術誌に掲載決定

当社リサーチャーが著者として参加した論文が著名な学術誌に掲載されることが決まりました


当社のリサーチャーである岸田 典子、梅山 貴彦、金 月仙が著者として参加した論文が、世界的な学術誌Inderscience Publishersによる査読を通過し、『International Journal of Business Innovation and Research』に掲載されることになりました。

この論文は、『A Random Extraction Method with High Market Representation for Online Surveys』というタイトルで、ウェブ調査における新たな調査手法であるRDIT(Random Domain Intercept Technology)とパネルによるウェブ調査の比較検証調査で、巨大市場である中国において当社の自動車メーカーのクライアントと実施し分析したものです。

当社は、RIDTを開発・提供するカナダのビッグデータ関連企業であるRIWI Corporationと業務提携契約を結んでおり、RDITによる調査サービスをご提供しています。

RDIT 詳細ページはこちら