新規顧客開拓のための「攻め」のマーケティング 第3回:「ブランド戦略」―行動、実行のブランディング | リサーチ・市場調査・マーケティング

インサイトスコープ
2014/2/21

新規顧客開拓のための「攻め」のマーケティング
第3回 「ブランド戦略」― 行動、実行のブランディング

新規顧客開拓のための「攻め」のマーケティング<br />第3回 「ブランド戦略」― 行動、実行のブランディング

アクションブランディング

ブランドのことを考えるとき、いつも思い出すのが2011年に参加したiMEDIA Brand Summitのキーノート「変わりゆく現実における広告の近未来」でのCindy Gallopのメッセージ“アクションが最も重要。アクションを通じて絆が生まれ、ブランドと利用者がつながることができる。行動、実証、実行のアクションブランディングが未来の広告”と、2008年の書籍『グランズウェル』に記述のあった「もはやブランドは企業が決めるものではなく利用者が決めるもの」です。

企業としての望ましいブランドイメージをコピーとグラフィックから強引に押し付けようとしていないか? 利用者に「awesome」「cool」「excellent」などと感じてシェアしてもらえるアクションを起こしているのか? 失敗を恐れて チャレンジを止めていないか? と、常に自問自答しながら仕事をしています。

企業の中にいると「このイメージ広告はブランディングが目的です」と言われると何故か納得してしまいがちですが、最近の生活者はブランドの意見を鵜呑みにはしません。ブランディングも中長期的には事業に貢献することが目的ですから、従来の短期キャンペーン型の広告よりも、ソーシャルメディアやデジタルマーケティングのほうが有効と考えています。ただし、ソーシャルメディアや新しいマーケティングの手法を使うことが重要ではなく、私たちマーケターが進化するデジタル時代にどうアクションをとるかで、ブランドのイメージが変わる時代です。トライ&エラーを繰り返しながら、アクションブランディングを進めていくのがマーケターの役割だと思っています。

コンテンツを作りオンラインでもオフラインでもあらゆるメディアに配信

2012年に、Smart Communityの多面的な要素や事実を紹介しつつ、その理解を深め促進するため、ソーシャルメディアを活用した「Smart Community Social Lab」というオンライン上でのコミュニティを作りました。 スマートコミュニティ関連の様々なコンテンツを、中立的な立場でユーザーに投げかけ、双方向で意見交換を行うような試みを続けています。Facebook、Twitter、Pinterest、Tumblrから始め、LinkedInのShowcaseページも開設し、インバウンドマーケティングの見込客獲得にも活かしています。また、YouTubeビデオとして作成した「Smart Ninja」とも連動しています。

「Smart Community Social Lab」の「Smart Ninja Kid」は、自然との共生を図るシンボルとして、スマートコミュニティに関する情報や、持続可能な社会作り、地球環境の保全といったメッセージをわかりやすく伝える姿と、親しみやすく楽しいキャラクターで、オフラインのイベントでも人気を博しています。

 

 

また、スマートコミュニティの実現に向けた連携・協力を行っている川崎市を舞台に、川崎市民でもある5人のヒーローが街を守る姿を描くアニメ「ダブルサークル」を制作しています。アニメを通して検索やソーシャルメディアでスマートコミュニティに関心を深めてもらうと同時に、川崎からアジア/ヨーロッパ圏向けに東芝が注力するスマートコミュニティ事業をアピールするためのものです。キャラクターとしては、テーマのスマートコミュニティを実現するために協力が必要な行政(自治体)・企業・市民・地域、変身後の技として、再生可能エネルギーの太陽光・風・川崎の街づくりに欠かせない水と緑を取り入れました。川崎駅前ラゾーナ地区に1月31日リニューアルオープンした「東芝未来科学館」で上映したり、反応を見ながらアニメから派生したコンテンツを作ったり、川崎市との取り組みに活用したりと、柔軟な発想で対応しています。

 

 

生活者にとって意味のあるコンテンツを作り出す行動と実行。作り出したコンテンツをソーシャルメディアやPRプラットフォームなどあらゆるメディアで配信し効果検証していくデジタルマーケティングに今後もチャレンジしていき、アクションブランディングを実施していきたいと考えています。

東芝 営業統括部 広告部 荒井 孝文

東芝に入社後、地方支社、本社の営業企画部、情報処理・制御システム事業本部、官公情報システム部、iバリュークリエーション事業部等で、スタッフ業務や営業など幅広い業務を経験した後、2006年10月、広告部に異動。現在に至る。
マス広告からインタラクティブなWEBサイト等のデジタルマーケティングを手がけ、最近ではインバウンドマーケィング/コンテンツマーケティングに注力している。 

このコラムを見た方へのオススメ