ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-198-022

検索

  • マーケティングコラム

本当に使えるBIツールのオススメ5選を徹底比較!

2019 / 12 / 20

#テクノロジー,#ブランディング

本当に使えるBIツールのオススメ5選を徹底比較!

企業が何かを成し遂げたり問題を解決したりするために、長期経営戦略や企業合併などの案を選ぶことを意思決定といいます。意思決定は企業のトップが独断で決めるのではなく、過去および現在における企業内のさまざまなデータから関連する情報を集めて、それらをもとに判断していくことが大切です。近年では、意思決定を手助けしてくれるBIツールの活用が広まっています。

そもそもBIツールとは?

BIはBusiness Intelligenceのことで、企業に蓄積された会計や販売管理などの業務データを分析・加工し、経営戦略を立てるうえでの意思決定に用いるビジネス手法のことです。そして、業務データを分析・加工し、それらの結果を比較検証するためのシステムやソフトウェアをBIツールといいます。

そもそも、BIツールの発展は現代の企業が導入している会計処理や販売管理・顧客管理といったコンピューターシステムと関係があります。こうしたシステムには、業務を通して得られた顧客情報や取引の記録が蓄積されていきますが、そのままでは単にデータを保存しているにすぎません。データを意思決定に活用するには、データを加工して可視化させることが必要です。そこで、従来は各部署の要望に添って蓄積されたデータを抽出し、表計算ソフトなどを使ってグラフや表に加工することが行われていました。

しかし、セルフサービスBIツールの出現によって、別々のシステムに蓄えられたデータを統合して一元管理するデータウェアハウス、あらゆる業務データを活用して予算をどうしていくのかシミュレーションできるプランニングなどが容易に行えるようになりました。さらに、BIツールは各部署で独自に必要になるデータを、表計算ソフトを使用することなく視覚的にわかりやすい表やグラフへダイレクトに加工することもできます。したがって、どのようなBIツールを採用するかが、状況を正確に把握し、タイムリーな意思決定をするための鍵になってきたのです。


20191220_02


オススメのBIツール5選

BIツールが普及してきた背景には、ビジネスでデータに基づいた判断の必要性が増し、現場の状況に応じた多様な活用が必要になったこと、クラウドサービスを活用した手ごろな価格で高機能なBIツールが多数開発されたことがあります。現在多くのBIツールがサービスを行っていますが、林立するBIツールから自社に最適なものを選択できるよう、注目されるものを5つ選んで比較および紹介します。

【Tableau】
タブローは、自社でシステムを保有して運用していくオンプレミスとクラウドの双方に対応しているので、柔軟に運用していくことが可能です。さらに、データベースや表計算ソフトの知識がない人でも扱いやすいように、ドラッグ・アンド・ドロップなど直感的操作で利用できるようデザインされています。ダッシュボードのカスタマイズも容易なため、利便性が高いのが特徴です。セットアップも短時間で済み、すぐに利用できる点も魅力です。

【Qlik Sense】
クリックセンスは、データ内の関連性をインデックス化することで認識しているため、多方面からの検索が可能です。AIによる自動提案によって、分析アプリとデータを組み合わせ、最適な視覚化を実現した、アドホック分析に向いています。モバイル操作にも配慮しているため、社内のグループやチームごとに視覚化したデータの共有も容易にでき、共同での作業も可能にしています。SaaSやオンプレミス展開などのオプションを、簡単にマルチクラウドアーキテクチャに組み込めるのも特徴です。

【Actionista!】
アクショニスタは、データベースや表計算など、専門知識のないスタッフでも必要なデータ分析が行えるよう設計されています。直感的に操作できるので、マニュアルなどが無くてもダッシュボードの作成ができます。ライセンス体系がクライアントフリーとなっているため業務部門を超えての活用をしたり、分析結果を多くの人材が共有することで様々な視点から新たな気づきをもたらし、必要なアクションへスムーズに移行したりできます。

【Yellowfin】
イエローフィンは、自動インサイト機能を備えた対話型ダッシュボードを採用し、ユーザーが自ら「なぜ」を発見できる工夫がされています。ユーザーの役職に応じて重要な情報を個別化し、シグナルで通知する機能が付いているので情報の見逃しを防げます。データからストーリーを作成し、50種類以上のグラフタイプを駆使してユーザーの理解を助けてくれるのもメリットです。ツールを使用する役職を限定せずにどの社員でも使用できることに加え、アクセス権限などでシステム管理がしやすくなっています。

【MotionBoard】
モーションボードは、分かりやすいテンプレートにより、プログラミングなしでダッシュボードの設定が行えます。データの深掘りや明細表示が自在で、仮説検証や原因の究明・特定に役立ちます。APIでデータを受け取ったあと、すぐに可視化できるため、即時に意思決定を行えます。APIデータの受け入れと同時にデータの蓄積も行われ、その後の分析をスムーズに行えます。

まとめ

BIツールは、蓄積された貴重なあらゆるデータを分かりやすくタイムリーに視覚化し、経営判断に生かすとともに、分析結果を社内で共有することで、スムーズに必要なアクションにつなげていくことができます。MotionBoardは無料登録すれば体験デモサイトを見ることができ、利用方法を目で確認できます。それ以外の4つのツールは無料トライアルを提供しているので、実際に試してから導入を決められます。企業によって必要な機能は異なるため、候補をしぼり込んだうえでさらに比較検討して、最適なBIツールを選択しましょう。

Related Column/ 関連コラム

Cross Marketing ホーム

コラム

マーケティングコラム

本当に使えるBIツールのオススメ5選を徹底比較!