長時間労働に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

くろめがね

「くろめがね」はクロス・マーケティングが調べたさまざまな情報の入り口です!

あなたが気になる情報もあるかも?ぜひご覧くださいませ!

 

詳細データの無料ダウンロードも可能です。

2015.02.16

長時間労働に関する調査

労働時間に不満… 40代男性の約10人に1人が残業時間100時間超え

全14ページ1060KB

働き盛り?の男性40代

約10人に1人が月の残業時間100時間超え

全体の半数が労働時間に不満

長時間労働に関する調査 図1、図2

調査結果のトピックス

  • 月の残業日数は、「約1~5日」が29.2%でトップ。性年代別に見ると、男性30代の「約16~20日」と、男性40代の「約11~15日」がともに21.3%と、他の性年代の割合よりも高くなっている <図1>
  • 月の残業時間では、「約1~20時間」が57.6%で最多をマーク。性年代別に見ると、「約101時間以上残業」している層は男性30代が6.3%、男性40代が7.1%を記録した。女性でも20代の3.9%が101時間以上残業しているなど、超長時間労働の現状が浮き彫りとなった
  • 今後、自分の残業時間をどうしていきたいかの質問では、全体の50.1%が「残業時間を減らしていきたい」と答えており、大多数の人が現状の労働時間に不満を持っていたり、改善したいと考えていたりすることが窺える

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)

調査地域  : 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)

調査対象  : 20~64歳の男女

調査期間  : 2015年2月7日(土)~2月8日(日)

有効回答数: 600サンプル

詳細な調査データを無料にて配布しております

調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

 

全14ページ1060KB