携帯端末を介した会員サービス利用状況に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

くろめがね

「くろめがね」はクロス・マーケティングが調べたさまざまな情報の入り口です!

あなたが気になる情報もあるかも?ぜひご覧くださいませ!

 

詳細データの無料ダウンロードも可能です。

2015.04.22

携帯端末を介した会員サービス利用状況に関する調査

女性の約50%がO2Oモバイルサービスを利用 ファン離脱の防止ポイントとは?

女性の2人に1人がO2Oモバイルサービスを利用
情報の取得数は5件以下が70%と控えめ
ファン離脱の防止ポイントは「お得な情報」と「適度な発信量」

調査結果のトピックス

  • 所有している携帯端末では、「スマートフォン」が71.2%、「携帯電話(ガラパゴスケータイ)」が32.2%、「タブレット」が10.5%と、スマートフォン所有者が大多数を占めた。しかし、30代では携帯電話所有者が30.7%あり、一定数の支持を得ている

  • 店舗から発信される情報入手の有無では、「入手している」が47.3%、「入手していない」が52.7%と、約半数ずつ分かれる結果となった

  • 入手している情報数では、71.1%と大半の人が「1~5個」となり、情報を入手する店舗を厳選していることが判明した

調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域 : 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
調査対象 : 20~59歳の女性
調査期間 : 2015年4月11日(土)~4月12日(日)
有効回答数 : 600サンプル