ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

ドラッグストアでの商品購入に関する調査

報道関係各位

2011 / 10 / 31

株式会社クロス・マーケティング

コンビニよりも、目的の商品以外を見て回る人が多いドラッグストア
「出かける前に行くことを決めている」人が85.2%
買い物の時間は83.0%が「20分未満」、購入金額は64.4%が「2,000円未満」

-「ドラッグストアでの商品購入に関する調査」-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐幹)では、過去一週間以内にドラッグストアで買い物をした、関東一都六県に居住する20~69歳の男女2,000人を対象に、「ドラッグストアでの商品購入に関する調査」を実施いたしました。

調査背景・目的

スーパーやコンビニエンスストアと同様に、生活者の日々の生活に欠かせない存在となっているドラッグストア。商品も、医薬品・化粧品にとどまらず、その品揃えは多岐に渡っています。この売上高5兆円を大きく超える市場(日本チェーンドラッグストア発表)で、生活者はどのような買い物意識を持ち、購買行動をしているのでしょうか。本調査では、商品カテゴリ毎に「目的買い」か「ついで買い」かを調査しました。また、商品決定のタイミングや店頭検討時のポイントを把握することで、ドラッグストアの利用実態を明らかにしました。

   

調査結果トピックス

ドラッグストアでの買い物は、目的の商品以外も店内を見回る人が半数近くおり、コンビニよりも高い。<図1-1,2>

「買いたいものがあったので出かける前から行くことを決めていた」人が85.2%を占め、「外出時に見かけて立ち寄った」人は1割に過ぎない。<図2>

買い物にかかる時間は「20分未満」が83.0%、購入した金額は「2,000円未満」が64.4%を占める。<図3-1,2>

事前に購入を決めている“目的買い”1位は【市販薬】。<図4-1>
また、来店してから購入を決めた“ついで買い”1位は【健康食品】。<図4-2>

ついで買い理由は、「価格が安い・安売りしてたから」が多く、次いで「無くなった・減った事を思い出したから」



   
news_releace_20111031_1

news_releace_20111031_2

news_releace_20111031_3

調査概要

調査手法
: インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査対象
: 関東ー都6県の20~69歳の男女※過去1週間以内にドラッグストアで買い物をした者
調査期間
: 2011年10月11日(火)~2011年10月13日(木)
有効回答数
: 2,000サンプル
回答者属性
: 男女別、年代別で均等割付
【会社概要】
会社名
: 株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地
: 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立
: 2003年4月1日
代表者
: 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容
: マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当
: マーケティング部
TEL
:03-6859-1192
FAX
:03-6859-2275
E-mail
: pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 <例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

QiQUMO(キクモ)
生活者理解を深め、商品開発に活かしたいマーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

“生活者理解を深め、商品開発に活かしたい”マーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

初めてのネットリサーチ デキるマーケターはデータで語る!
クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

最高の論文には最高の調査を。クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

学術調査

Cross Marketing ホーム

お知らせ

プレスリリース

【お知らせ】ドラッグストアでの商品購入に関する調査