プレスリリース「シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査

報道関係各位

平成24年8月1日

株式会社クロス・マーケティング

SNS利用シニアは、情報感度が高く社交的

ライフスタイル満足度も高い傾向

SNS利用頻度は「週2~3日以上」の人が利用者の4割を占め、

今後もSNS全般に対して半数以上の利用継続意向あり

-「シニアのライフスタイルとSNS利用」に関する調査-

 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)では、全国の60~79歳の男女1,200人に、「シニアのライフスタイルとSNS利用」に関する調査を実施いたしました。

調査背景・目的

 現在日本では、総人口の約3割を占めるという、60歳以上のシニア層。彼らは、普段どのようなライフスタイルを送り、商品・サービスに関する情報は、どのようなメディアから取得しているのでしょうか。また、近年コミュニケーションツールとして利用者が急増しているSNSについても、利用動向を明らかにしました。SNS利用者と非利用者のライフスタイルを比較し、シニア市場のSNSによるマーケティング展開の可能性を探ります。

調査結果

  1. 商品やサービスの情報収集に役立っている媒体は、「新聞広告/記事」(61.2%)、「テレビCM」(59.8%)、「テレビ番組」(58.6%)とマス媒体がトップ3にあがる<図1>
  2. 情報収集についての関心/意識では、「気になることがあるとすぐに調べる方だ」で、あてはまる計が73.3%と顕著に高い<図2-1>。情報感度は、SNS利用者(25.3%)は非利用者(10.7%)を大きく上回る。<図2-2>
  3. ライフスタイル満足度において、「非常に満足している」が高いのは、「家族との関係」(11.3%)と「趣味」(10.2%)<図3-1>。満足レベルでも、SNS利用者(11.8%)が非利用者(7.5%)を上回る<図3-2>
  4. オフライン/SNS上共に、友人数はSNS非利用者よりも利用者の方が多く、サークルやクラブに所属している率も高い<図4>
  5. SNS利用頻度は、「週2~3日以上」(40.2%)の人が4割を占める<図5>
  6. SNSサイトの満足度(満足している計)は概ね30~40%あり、全般的に利用継続意向(利用したい計)が50%を超える<図6-1,2>

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査の続きを見る

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図1

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図2-1

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図2-2

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図3-1

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図3-2

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図4

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図5

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図6-1

シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査 図6-2

調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 : 全国 60~79歳の男女
調査期間 : 2012年7月12日(木)
有効回答数 : 1,200サンプル
【会社概要】
会社名  : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
        (東証マザーズ3629)
所在地  : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立    : 2003年4月1日
代表者  : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : リサーチ事業、ITソリューション事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:東海林(しょうじ)   TEL : 03-6859-2252  FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」