ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

スイッチOTCに関する調査

報道関係各位

2012 / 08 / 24

株式会社クロス・マーケティング

ドラッグストアでも購入可能な医薬品“スイッチOTC”
購入理由は「効果の即効性(33.2%)」と「強い効果(32.6%)」
6割が、「価格が高くても、薬に効果があれば購入」と回答

-「スイッチOTC」に関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)では、全国の20~69歳の男女500人に、薬局で買える医薬品 「スイッチOTC」に関する調査を実施いたしました。

   

調査背景・目的

近年、ロキソニン(解熱鎮痛剤)などの、これまで医師の処方箋がなければ入手・使用できなかった医薬品が、ドラッグストアで購入できるようになりました。薬局のカウンター越しに入手できる(Over The Counter)ことから、「スイッチOTC」とも呼ばれており、その市場には、今後も様々な製薬企業が参入し、拡大していくものと考えられます。
 しかしスイッチOTCは、第1類医薬品に指定されてるものが多く、購入時には薬剤師の説明を受ける必要があるなど、他の医薬品に比べて購入時に手間や面倒さがあります。
 今回は、消費者のスイッチOTCについての認知や利用実態、意識などを明らかにし、スイッチOTCの現状を把握します。

調査結果

「スイッチOTC医薬品」の認知状況については、「処方薬」や「ジェネリック医薬品」ほど浸透していない。<図1>

スイッチOTC医薬品購入の理由は、「効果の即効性(33.2%)」と「強い効果(32.6%)」が高い。<図2-1> また、購入経験者の75.5%が、「今後もスイッチOTCを選択する」と回答。<図2-2>

スイッチOTCで発売してほしい薬の種類は、「風邪薬(63.4%)」がトップ。 性別では、男性が「胃薬」「下痢止め」が女性に比べて高く、女性は「かゆみ止め」「花粉症薬」「湿疹の薬」「痛み止め」 「便秘薬」が男性に比べて高い。<図3>

効果があれば、61%が「価格が高くても」購入すると回答。<図4>

      

    news_releace_20120824_1

news_releace_20120824_2

news_releace_20120824_3

news_releace_20120824_4

news_releace_20120824_5

調査概要

調査手法
: インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査対象
: 全国20~69歳の男女で、ドラッグストアでの医薬品自購入者(3ヶ月以内)
調査期間
: 2012年8月2日(木)~2012年8月5日(日)
有効回答数
: 500サンプル
【会社概要】
会社名
: 株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地
: 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立
: 2003年4月1日
代表者
: 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容
: マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当
: マーケティング部
TEL
:03-6859-1192
FAX
:03-6859-2275
E-mail
: pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 <例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

QiQUMO(キクモ)
生活者理解を深め、商品開発に活かしたいマーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

“生活者理解を深め、商品開発に活かしたい”マーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

初めてのネットリサーチ デキるマーケターはデータで語る!
クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

最高の論文には最高の調査を。クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

学術調査

Cross Marketing ホーム

お知らせ

プレスリリース

【お知らせ】スイッチOTCに関する調査