プレスリリース「iPhone5C 通信速度調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング

iPhone5c 通信速度調査

報道関係各位

平成25年9月30日

株式会社クロス・マーケティング

携帯電話会社別でのiPhoneの通信速度の差は? 

乗降客数全国上位500駅のダウンロード速度

ソフトバンクがトップ、427駅で1位に

-iPhone5c 通信速度調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、乗降客数全国上位500駅を対象にした「iPhone5c通信速度調査」を実施しました。当社では、ネットリサーチだけでなく、本調査のような全国規模のフィールド調査も実施しており、今後も幅広いリサーチサービスをワンストップで提供してまいります。

調査背景・目的

 9月20日にdocomo、au、SoftBankの3社からiPhone5s・5cが発売され、初めて携帯電話大手3社のiPhoneが出揃ったが、キャリア選択の上で重要となる各社の高速通信ネットワークの状況はどのようなものであろうか? 

本調査では、日本全国のネットワーク状況を把握するべく、1日の平均乗降客数 全国上位500駅の駅ホームにおいて、株式会社インターコネクトの提供する回線速度測定サイト「BNRスピードテスト」を使い、3社の取り扱うiPhone5cのダウンロード速度を調査した。

iPhone5c 通信速度調査の続きを見る

調査結果

  1. SoftBankは、ダウンロード平均速度が11.92Mbpsとトップ。500地点中427地点で、3キャリア中最速を記録し、他キャリアを圧倒する結果となった。 <図1・図2>
    10Mbpsを超える地点も324地点確認され、快適な通信環境の構築が進行している模様。 <図3>
  2. auは、ダウンロード平均速度が6.70MbpsとSoftBankに次ぐ結果。500地点中46地点で最速を記録。 <図1・図2>
    10Mbpsを超える地点は、5地点と少ないながら、安定したパフォーマンスが確認された。 <図3>
  3. docomoは、ダウンロード平均速度が5.82Mbpsと最下位。最速地点は、500地点中27地点に留まる。 <図1・図2>
    10Mbpsを超える地点は31地点とauを上回るものの、3Mbps未満の地点が81地点と多かった。 <図3>

iPhone5c 通信速度調査 図1

iPhone5c 通信速度調査 図2、図3

調査概要

調査手法  : 調査員によるフィールド実測調査
調査場所  : 1日の平均乗降客数 全国上位500駅の駅ホーム中央
調査対象  : docomo 、au、SoftBankの3社のiPhone5c
調査内容  : 株式会社インターコネクトの提供する回線速度測定サイト「BNRスピードテスト」を使い、駅ホーム中央にて
          ダウンロードの平均データ転送速度を各キャリア3回ずつ計測し、その平均値を測定。
調査期間  : 2013年9月27日(金)~9月29日(日)
【会社概要】
会社名  : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地  : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立    : 2003年4月1日
代表者  : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:東海林(しょうじ)  TEL:03-6859-2252  FAX:03-6859-2275
E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」