プレスリリース「F1層のライフコースとお小遣いに関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

F1層のライフコースとお小遣いに関する調査

報道関係各位

平成25年10月2日

株式会社クロス・マーケティング

F1層のライフステージの違いによる結婚観やお小遣い事情は?

F1層の既婚者の半数以上は「結婚=幸せ」と回答

一方、未婚者は結婚生活の「光と影」を現実的にイメージ。

お小遣いの平均は28,000円、子どものいる人の平均は、15,000円以下。

-F1層のライフコースとお小遣いに関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東(1都3県)の20‐34歳の女性を対象に、「F1層のライフコースとお小遣いに関する調査」を実施しました。

調査目的・背景

「消費活動が旺盛で流行に敏感」で、あらゆる分野の商品・ターゲットにされる傾向にあるF1層。
就職・初めての一人暮らし・結婚・出産など、生活状況の大きく変化する層でもあり、ライフコースに対する考え方やお小遣い事情はライフステージや生活環境によってどのように変化するのか?
本調査では、F1層の今後のライフコースに対する意識やお小遣い事情について、ライフステージや生活状況別に比較することで明らかにします。
※F1層・・・20~34歳の女性

F1層のライフコースとお小遣いに関する調査の続きを見る

調査結果

  1. F1層の既婚者は、全ての年代において、半数以上の人が結婚は「幸せ・理想に近い」と回答。また、20~24歳の年代において、「夫の両親との付き合いは楽しい」と答えた割合は49%と最も高い。<図1>
  2. F1層の未婚者は、「新しい」「我慢」「墓場」など、結婚生活の光と影を表す言葉を多く回答している。<図2>
  3. お小遣い額の平均は28,000円。子どものいる人のお小遣い額はいない人に比べて極端に少なく、全ての年代において15,000円を下回っている。<図3>
  4. 現在、最もお小遣いを費やしている項目の1・2位は服飾費と外食費だがお小遣い額が減った時、減らさざるを得ない項目の第1位は「外食費」となっている。<図4、図5>

F1層のライフコースとお小遣いに関する調査 図1~図5

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)
調査対象  : 女性 20~34歳
調査期間  : 2013年9月有効回答数 : 1,500サンプル
【会社概要】
会社名  : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地  : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立    : 2003年4月1日
代表者  : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:東海林(しょうじ)  TEL:03-6859-2252  FAX:03-6859-2275
E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」