プレスリリース「食生活に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

食生活に関する調査

報道関係各位

2016年8月31日

株式会社クロス・マーケティング

女性の食生活にまつわる意識を調査!

約2人に1人が日々の食事で

「栄養バランス」を気遣う意識あり

<食生活に関する調査>

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に在住する20歳~59歳の女性を対象に「食生活に関する調査」を実施しました。

調査結果 (一部抜粋)

  1. 食事に対して気を遣っている内容として最も多いのは「食事の栄養バランス」(53.5%)となり、半分以上の人が 栄養バランスを気にしている結果に。次いで「1回の食事の量」(42.3%)、「1日の食事の総量」(41.7%)、 「食事をする時間帯」(41.7%)などが挙げられた <図1>
  2. 食材・食品の宅配サービスの利用経験では「利用経験あり・計(現在利用している+現在は利用していないが過去に 利用していたことがある)」(15.0%)と利用経験者は少ない。「利用経験あり・計」を年代別にみると、「30‐39歳」(20.0%)、「50‐59歳」(18.0%)と他の年代よりも利用経験が高い傾向があることが判明 <図2>
  3. 食材・食品の宅配サービスの利用理由では「重い物やかさばる物を届けてくれる」(57.8%)が他の項目と比べて 圧倒的に高く、利用メリットとして感じられている様子がうかがえる。非利用理由で最も多いのは「利用料金や送料 などが高い」(40.0%)となり、価格面が利用の妨げとなっている <図3>

食生活に関する調査 図1

食生活に関する調査 図2

食生活に関する調査 図3

無料調査レポート CROMEGANE【くろめがね】

調査内容

□ 属性設問(性別・年齢・居住地・住居形態・職業・個人年収)
□ ほぼ毎日とっている食事(MA)
□ 日々の食事への気遣いレベルと内容(SA)
□ 仕事がある日の食事のとり方(SA)
□ 仕事が休みの日の食事のとり方(SA)
□ 食事に対する悩みや不満の有無とその内容(MA)
□ 食事に対する悩みや不満の解消意向と解消方法(MA)
□ 食材・食品の宅配サービスの利用経験(SA)
□ 利用経験のある食材・食品の宅配サービスの種類(MA)
□ 食材・食品の宅配サービスの利用理由(MA)
□ 食材・食品の宅配サービス選定理由(MA)
□ 食材・食品の宅配サービス選定のきっかけ(MA)
□ 食材・食品の宅配サービス利用の重視点(MA)
□ 食材・食品の宅配サービスの利用頻度(SA)
□ 食材・食品の宅配サービスの利用金額(SA)
□ 食材・食品の宅配サービスの利用中止理由(SA)
□ 食材・食品の宅配サービスの非利用理由(SA)
□ 食材・食品の宅配サービスの利用意向(SA)
□ 食材・食品の宅配サービスの利用検討金額(SA)
□ 詰め合わせセットの宅配サービスの利用意向(SA)
□ 詰め合わせセットの宅配サービスの利用検討内容(MA)
□ 食材・食品の宅配サービスの購入商品(MA)

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)

調査地域  : 一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)

調査対象  : 20~59歳の女性、かつ、未婚・単身暮らし・有職者(非正規雇用、自営業、フリーランスを除く)

調査期間  : 2016年8月27日(土)~2016年8月28日(日)

有効回答数 : 300サンプル

※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

【会社概要】
会社名  : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地  : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立   : 2003年4月1日
代表者  : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:東海林(しょうじ)  TEL:03-6859-2252  FAX:03-6859-2275
E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」