無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

< 12 >
  • IT・家電
    2016.05.31 コミュニケーションロボットによる接客に関する調査

    接客用の店舗スタッフとして人工知能(AI)を搭載したコミュニケーションロボットの姿を、さまざまな業態の店舗で見掛けることが多くなってきています。その存在を知っている・実際に接客を受けたことがある人々はどのような意識を持っているのでしょうか。
    本調査では、コミュニケーションロボットとの接触の実態に加え、今後普及の可能性の有無を探ることを目的に市場調査を実施しました。

  • 趣味・嗜好品
    2015.11.16 ゲームセンターの利用実態に関する調査

    様々な街に存在し、小さな子どもから学生、会社員、お年寄りなど多くの人がゲームを楽しむ場所であるゲームセンター。しかし、ゲームセンターも消費増税や家庭用ゲーム機・スマートフォンゲーム等の台頭により閉店する店舗が増えるなど、市場規模は減少傾向にあると言われております。
    そのような現状を踏まえ、今回は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する方々を対象に、ゲームセンターで遊ぶ・遊ばないゲームのジャンルやゲームセンターの選択基準、満足点・不満点の他、クレーンゲームで遊ぶ理由、獲得したい景品などを調査し、その実態について明らかにしました。

  • 住まい・くらし
    2014.10.15 ショールーミングに関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「ショールーミングに関する調査」を実施しました。
    当調査は、同社内に新たに設立した研究機関である「クロス・マーケティング ラボ」による調査となっております。

  • グルメ
    2014.08.25 プライベートブランドに関する調査(2014年8月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東圏(1都3県)在住する20歳~69歳の男女を対象に、「プライベートブランドに関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2014.05.26 今、注目の商業施設についての調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、首都圏(1都3県)に在住する15歳~69歳の高校生以上の男女を対象に、「今、注目の商業施設についての調査」を実施しました。

  • IT・家電
    2014.03.24 O2Oサービス利用状況調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、東京都及び政令指定都市に在住する20‐59歳の男女を対象に、「O2Oサービス利用状況調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.10.28 CVSの利用実態調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国(47都道府県)の15~69才の過去半年以内にCVSで買い物をした男女を対象に、「CVSの利用実態調査」を実施しました。

  • グルメ
    2013.09.13 飲食店の利用実態に関する調査

    外食産業の市場規模が減少基調にあるなか、話題になっている店、売り上げを伸ばしている店は一定数存在しています。働き盛りの人々は、どのような基準で外食に利用する店舗を選んでいるのでしょうか。
    本調査は、昼食、接待、デートなど『シチュエーション毎』に、飲食店選択に際して『参考にした情報』や『行きつけの店舗』を聴取し、飲食店の選択基準を把握することを目的として実施しました。

  • 住まい・くらし
    2011.10.31 ドラッグストアでの商品購入に関する調査

    スーパーやコンビニエンスストアと同様に、生活者の日々の生活に欠かせない存在となっているドラッグストア。商品も、医薬品・化粧品にとどまらず、その品揃えは多岐に渡っています。この売上高5兆円を大きく超える市場(日本チェーンドラッグストア発表)で、生活者はどのような買い物意識を持ち、購買行動をしているのでしょうか。本調査では、商品カテゴリ毎に「目的買い」か「ついで買い」かを調査しました。また、商品決定のタイミングや店頭検討時のポイントを把握することで、ドラッグストアの利用実態を明らかにしました。

  • 住まい・くらし
    2011.07.28 スーパーマーケットにおける野菜の購入実態に関する調査

    総務省の「家計調査年報」によると、洋食メニューの増加など食生活の変化を背景として、近年野菜全体の消費量は、減少傾向にあります。このような状況に対し、野菜・果物の摂取量目安を伝える『ファイブ・ア・デイ』運動や、農林水産省が推進する『夏ベジプロジェクト』など、民間企業や行政機関による野菜や果物の消費拡大を目的とする取組みがなされています。
    本調査では、毎日食事の支度をすることの多い女性が、野菜を購入する際、事前のチラシチェックや購入する際のコンタクトポイントなど、スーパーマーケットでどのような購買行動をとったのかを明らかにします。

< 12 >