無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

  • レジャー・旅行
    2017.10.17 若者の海外旅行に関する調査

    18~29歳の若者を対象に、直近3年間の海外旅行経験や、経験有無別の今後の海外旅行意向など、海外旅行に対する実態の把握と意識を明らかにすることを目的に調査を実施しました。

  • 海外
    2017.08.31 「レオ・レオ・リサーチ」による訪日タイ人のSNS利用に関する調査

    Cross Marketing (Thailand) Co. Ltd. (クロス・マーケティングタイ 本社:タイ王国バンコク都 代表者 濱野 英和)とXQUEST (Thailand)Co., Ltd.(本社:タイ王国バンコク都 代表取締役 陽田 伸行)は、業務提携を締結し、訪日経験のあるタイ人に日本での経験に関する調査を行う「レオ・レオ・リサーチ」をサービス化、提供を開始しました。そこで今回は「レオ・レオ・リサーチ」を利用し、タイ国内のSIMカードを購入した10~60代の男女400人を対象に「訪日タイ人のSNS利用に関する調査」を実施しました。

  • 季節・イベント・時事
    2016.09.15 シルバーウィークに関する調査

    日付の並びなどにより、数年に一度発生する9月の大型連休。5月のゴールデンウィークの対として「シルバーウィーク」とも呼ばれています。2016年は19日の敬老の日を含めた3連休と、22日の秋分の日で飛び石連休となりました。ビジネスパーソンは有給休暇などを上手く利用し、長期休暇を取る人もいるのかもしれません。
    本調査では、シルバーウィークについて期待度や最大連休予定日数、外出の予定、理想の過ごし方などを調査し、シルバーウィークや連休に対する意識や実態について明らかにしました。

  • 海外
    2015.06.15 2020年 東京オリンピックに関する在日・訪日外国人調査

    2020年の東京オリンピック開催に向けて、新しい施設の建設などさまざまな準備が行われておりますが、東京でのオリンピック開催に対して、海外の人々はどのような意識を持っているのでしょうか。
    本調査では、在日外国人・訪日外国人の方々を対象に、オリンピック・パラリンピックへの興味や選手・競技種目についての意識、期待点・不安点などを調査しました。

  • 住まい・くらし
    2013.01.11 LCCに関する調査

    欧米では既に本格化しているLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)ですが、日本でも昨年2012年には『LCC元年』として注目され、浸透状況が広まりつつあります。主に海外旅行の交通手段として注目が高まる中、国内の移動手段としては、時間やコスト、また他の交通機関を上回る満足度を得られるのか、消費者の心理はまだ不透明と言えます。
    今回は、渡航先を「北(北海道)」と「南(沖縄)」に絞り、レガシーキャリア(従来型の航空会社やサービス)を含めた航空利用者の実態・意識を把握し、LCCの位置づけ及び評価のポイントを明らかにします。

  • 住まい・くらし
    2012.02.29 外国人の日本人女性観光客に対する意識調査

    毎年1,000万人以上が海外へ渡航する現在、日本人にとって海外旅行は身近なものになっているといえる。
    以前は、「海外旅行に不慣れ」、「ブランド品の買い漁り」などのイメージを持たれていた日本人であったが、現在はどの様に現地の人々に思われているのだろうか。
    本調査では、日本人女性観光客の「防犯意識」、「格好・服装」、「買い物行動」がどの様に思われているか、理由なども含めて明らかにしました。

  • 消費動向
    2011.06.30 原発事故後の日本製品に対する中国での購入意向調査

    2011年3月11日に発生した、福島第一原子力発電所での事故発生後に実施された緊急検査で、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出された一部の農作物や水産物は、出荷制限や摂取制限が行われました。その後、安全性が確認されたものに関しては制限が解除されているものの、原発に関する多くの情報が飛び交う中で消費者は生活に大きな不安を抱いており、風評被害を拡大する要因のひとつとなっています。
    更に風評は国内にとどまらず、工業製品や食品以外の品目へも拡大する中、本調査では、日本にとって最も大きな輸出相手国である中国、中でも大都市に住む人たちが原発事故後の日本や日本製品をどのように捉え、それが購買行動にどのような影響を与えているのか明らかにすべく、北京・上海・広州在住で20~40代の男女900人を対象に「原発事故後の日本製品に対する中国での購入意向調査」を実施しました。