無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

< 1 23 >
  • 季節・イベント・時事
    2013.12.09 ゆるキャラに関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東1都3県に居住する20‐69歳の男女を対象に、「ゆるキャラに関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.11.26 年末年始休暇に関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、『一都三県』(東京・千葉・埼玉・神奈川)在住、『地方在住』の20‐69歳の男女を対象に、「年末年始休暇に関する調査」を実施しました。
    ※今回の調査では、東北地方と九州地方に在住の人を『地方在住』として定義した。(北海道・沖縄を除く)

  • 住まい・くらし
    2011.11.18 震災が冬のイベントに与える影響に関する調査

    本年前半に見られた花見や祭り事などの季節イベントの自粛。東日本大震災発生後半年を経過した時点で、自粛ムードはどう変化しているのか、冬の最大のイベントとされるクリスマスにスポットを当て、自粛意識の現状や実際の行動予定について聴取し、実態を明らかにしました。

  • 住まい・くらし
    2011.08.02 この夏を乗り切るための食生活と食べたい野菜に関する調査

    今年の夏は、オフィスや店舗だけでなく、電力消費の3割を占めるといわれる家庭でも、大幅な節電が期待されています。
    連日、35度を超える猛暑日が続くかと思えば、涼しい日が続いたりと、不安定な天候の今年の夏を乗り切れるのか不安を抱いている方や、既に、夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    今回、この夏を乗り切るために、どのような食生活を送ろうとしているのか、中でも、どのような野菜を食べたいと考えているのかについて、調査を実施しました。

  • ファッション・流通
    2011.05.10 今夏に向けての準備に関する意識・実態調査

    通常でも電力消費量の大きな夏場。とりわけ今夏は、「ピーク時の電力供給が大幅に不足する」とも言われています。本調査では、首都圏、東海圏、関西圏に在住、就労している1,392人を対象に、この夏に向けて企業がどのような対応をとるのか(とっているのか)、それに対して、働く人たちはどのような意識を持っているのかを明らかにしました。

  • 趣味・嗜好品
    2010.11.05 たばこに関する調査(2010年11月度)

    10月1日にたばこが増税しました。たばこの値上げ分はどのように工面しているのか、禁煙して浮いたお金は何に使っているのかなど、たばこに関わるお金の実態について調査しています。

  • 季節・イベント・時事
    2010.10.08 もしドラに関する調査

    「もしドラ」は発売から1年足らずで100万部を突破する大ベストセラーとなりました。この本は「青春小説+ドラッカー」という異色の組み合わせのもとに、10代から高齢者に至るまで大きな反響を呼びました。本調査では、この本が世代を超えて共感を呼んでいる事実をさまざまな角度から検証しました。

  • 趣味・嗜好品
    2010.07.29 神奈川県における受動喫煙防止条例に関する調査

    2010年4月、神奈川県において「受動喫煙防止条例」が施行され、不特定多数が利用する施設、飲食店においての喫煙が規制されることで、神奈川県下での喫煙環境は全国的に見ても厳しいものとなりました。そこで今回、神奈川県に居住する喫煙者・非喫煙者の条例に対する意識、賛否など、条例施行から2カ月が経過した現在の実態を調査しました。

  • 住まい・くらし
    2010.04.20 ゴールデンウィークに関する調査

    「安・近・短」から「安・近・楽」へとシフトしつつある今日の余暇の過ごし方において、今年のゴールデンウィークの動向はどうなっているのでしょうか。ゴールデンウィークの過ごし方の実態と共に、政府の「休暇分散化」案に対する意識実態を明らかにすることを目的としました。

  • レジャー・旅行
    2010.03.23 お花見に関する調査

    社会人にとって会社の恒例行事とも言えるイベント、「花見」の季節が近づいてきました。昨今、高齢層と若年層、上司と部下、同僚間でのコミュニケーションの希薄さが騒がれている中、それは「花見」においても同じことが言えるのでしょうか。本調査では、「会社」の花見宴会というイベントについての実態を把握し、年代間や上司と部下、同僚間での「花見」に対する意識の違いを把握することを目的としました。

< 1 23 >