無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

< 1 23 >
  • 教育・子育て
    2014.01.27 子供の教育・進学に関する実態調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東1都3県に居住する30‐59歳で長子が小学校・中学校に在籍している男女を対象に、「子供の教育・進学に関する実態調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.11.26 年末年始休暇に関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、『一都三県』(東京・千葉・埼玉・神奈川)在住、『地方在住』の20‐69歳の男女を対象に、「年末年始休暇に関する調査」を実施しました。
    ※今回の調査では、東北地方と九州地方に在住の人を『地方在住』として定義した。(北海道・沖縄を除く)

  • 住まい・くらし
    2013.10.15 ビジネス書籍と新しい読書手法に関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、首都圏(1都3県)・関西圏(2府2県)の20‐65歳のフルタイム勤務の男女を対象に、「ビジネス書籍と新しい読書手法に関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.10.02 F1層のライフコースとお小遣いに関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東(1都3県)の20‐34歳の女性を対象に、「F1層のライフコースとお小遣いに関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.06.24 若者に関する調査

    株式会社クロス・マーケティングでは、株式会社宣伝会議と共催する「インサイトスコープProjectセミナー」内での講演内容として使用される調査データを収集するために調査を行いました。
    今回のテーマは『仲間が大切。自分都合でゆるいつながり 若者インサイト』。本レポートでは、その調査結果から、若年層の“つながりたい”意識や普段の行動など、いくつかのポイントを抽出してご紹介します。

  • 住まい・くらし
    2012.05.18 【共同調査】ポジティブにひきこもる若い男子のインサイトリサーチ

    近年、日本国内での新車・中古車販売が伸び悩む中で、その原因のひとつとして「若者層のクルマ離れ」が挙げられます。なぜ20代男性は、クルマを買わなくなってしまったのでしょうか。
    クロス・マーケティングとデコムは、今年5月11日からサービス提供を開始した「オンライン版インサイト発見サービス」を実施し、社会活動にポジティブではあるものの、ひきこもることに価値を感じている“ポジティブなひきこもり”男性のインサイトを探りました。また、その結果から、新たなクルマ開発のアイデアを立案しました。

  • 住まい・くらし
    2011.12.08 親孝行に関する調査

    昨今、「つながり」というキーワードをよく耳にします。今回は家族、とりわけ「親孝行」にスポットをあて、
    人によってさまざまな意識を持つ親孝行の形について聴取し、実態を明らかにしました。

  • 住まい・くらし
    2010.11.15 夫婦の外食の実態に関する調査

    11月22日の“いい夫婦の日”にちなみ、全国の既婚者でこの1年間に夫婦で外食をした18~69歳を対象に、「夫婦の外食の実態に関する調査」を実施しました。夫婦での外食の頻度や、どんな時に外食したいか、選んだメニューとその理由など、夫婦間のコミュニケーションの一つとなっている「外食」の実態について調査しています。

  • 住まい・くらし
    2010.09.21 一人暮らしの家事の実態に関する調査

    一人暮らしのビジネスパーソンは時間のない中、家事をどのようにこなしているのでしょうか。本調査は、家事の中でも“洗濯”“掃除”“料理”にスポットを当て、頻度や時間、家事をする上での“一人暮らしならではの工夫”などの実態を把握することを目的に実施しました。

  • 住まい・くらし
    2010.07.21 カーシェアリングに関する調査

    都市部で“シェア”という概念が少しずつではありますが、定着しつつあります。昨今、若者の自動車離れが指摘されていますが、「カーシェアリング」は、自動車利用増加の一端となりうるのでしょうか。「カーシェアリング」を中心に、「ルームシェアリング」「自転車(サイクル)シェアリング」の3つの“シェア”の実態を明らかにすることを目的に調査を実施致しました。

< 1 23 >