無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

  • 海外
    2017.08.31 「レオ・レオ・リサーチ」による訪日タイ人のSNS利用に関する調査

    Cross Marketing (Thailand) Co. Ltd. (クロス・マーケティングタイ 本社:タイ王国バンコク都 代表者 濱野 英和)とXQUEST (Thailand)Co., Ltd.(本社:タイ王国バンコク都 代表取締役 陽田 伸行)は、業務提携を締結し、訪日経験のあるタイ人に日本での経験に関する調査を行う「レオ・レオ・リサーチ」をサービス化、提供を開始しました。そこで今回は「レオ・レオ・リサーチ」を利用し、タイ国内のSIMカードを購入した10~60代の男女400人を対象に「訪日タイ人のSNS利用に関する調査」を実施しました。

  • IT・家電
    2013.08.26 ヤッピーのIT機器使用に関する調査 アジア5ヶ国比較

    日本企業だけでなく、世界中のビジネスプレイヤーがアジア市場への関心を高める中、消費のけん引役やトレンドセッターとなっている、若いアーバンプロフェッショナル(=”ヤッピー”)にフォーカスを当て、彼らのIT機器利用実態をアジア5か国で比較し、その違いや特徴を探った。

  • 住まい・くらし
    2012.10.03 情報・通信機器に関する調査

    情報・通信機器は、近年端末の種類も多岐に渡り、時間や場所に応じて使い分けることができるようになりました。生活者は通話やインターネット接続できる情報・通信機器を、それぞれどのように使用しているのでしょうか。SNSの投稿・閲覧についての実態も明らかにしました。

  • 住まい・くらし
    2012.08.01 シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査

    現在日本では、総人口の約3割を占めるという、60歳以上のシニア層。彼らは、普段どのようなライフスタイルを送り、商品・サービスに関する情報は、どのようなメディアから取得しているのでしょうか。また、近年コミュニケーションツールとして利用者が急増しているSNSについても、利用動向を明らかにしました。SNS利用者と非利用者のライフスタイルを比較し、シニア市場のSNSによるマーケティング展開の可能性を探りました。

  • 住まい・くらし
    2012.05.23 スマートフォンでのコミュニケーションアプリに関する調査

    近年成長著しいスマートフォンの出荷台数は、昨年ついにパソコンとタブレット端末の合計を上回りました。スマートフォンユーザーの増加と同時に、数多くの便利なスマートフォン向けアプリが存在する中、特に通話やSNSなどのコミュニケーションアプリ※は、スマートフォンユーザーにとって欠かせないものとなってきています。
    今回は、コミュニケーションアプリの利用状況やサービスに対する認知や好意度、また、最近社会問題化している、個人情報などに関わる安全性への認識について調査いたしました。

    ※ コミュニケーションアプリ
    知人や友人とメッセージのやりとりや音声通話ができる「通話アプリ」や、SNSの閲覧・投稿ができる「SNSアプリ」のこと。

  • 住まい・くらし
    2012.05.15 メディア利用に関する調査 ~年代別に見たSNS利用実態~

    近年、テレビを始め、新聞・ラジオ・インターネットなど、様々なメディアを情報収集ツールとして活用することは一般的になりました。しかし、生まれた時からパソコンやデジタル機器のある生活環境で育った“デジタルネイティブ”世代と、それに対してアナログな環境で育ってきた“デジタルイミグラント”世代では、情報収集する際の重視メディアや使い分けが異なることが予想されます。今回は、各メディアを1960年代から1990年代生まれの人がどのように利用しているか、また、特にSNSの利用実態について、年代別に明らかにしました。

  • 住まい・くらし
    2011.12.02 ツイッターユーザーの実態把握に関する調査

    ソーシャルメディアの普及に伴い、リアルな世界でつながりを持たない生活者同士の情報交換が容易になっています。最近では、「若年層」を中心に「交友範囲が広いことはひとつのステータス」という意識も形成されているようです。本調査では、特にTwitterを絡めたソーシャルメディアの使用実態を明らかにしました。

  • IT・家電
    2010.09.28 Twitterに関する調査

    利用者が爆発的に増えている「Twitter」サービスは、今後どのような方向へ向かっていくのでしょうか。本調査は、「Twitter」の利用頻度、利用理由とその満足感等の実態に加え、さらに今後の利用意向や「Twitter」はどのような存在なのか等、現在の「Twitter」ユーザーの考えを聴いてみました。