自動車保有に関する調査 <複合ファネル分析> | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

消費動向

現在の消費者の暮らしの状況を定点で調査したものを掲載
2015/3/23

自動車保有に関する調査 <複合ファネル分析>

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する18歳~69歳の男女を対象に、「自動車保有に関する調査」を実施しました。

全15ページ1047KB
新車の購入行動
「家族との相談」「予算の検討」からはじまり、
購入決定最後のキーは「試乗」と「支払い方法の相談」
自動車保有に関する調査 <複合ファネル分析> 図1

調査結果のトピックス

  • クルマ購入検討初期段階(スタート時点)でまず取る行動は「家族との相談」と「予算検討」ということがわかった。つまり、購買行動を起こすためには、【家族が喜ぶ、家族が安心できるイメージ作り】、【買うだけの価値があるといったイメージ作り】などの施策を重点的に実施することが重要と考えられる。また、輸入車に限っては購入検討初期の段階で「ブランド」を強く意識していることも窺えた <図1>
  • 購入決定最終段階(ゴール時点)に結びつきやすい行動は「試乗」と「ボディカラーの検討」、そして「支払い方法の検討」ということがわかった。これらの行動をさせることが購入決定に誘導させる心理変化も期待ができる。そのため、購入車を決定させるためには、【もっと気軽に・楽しめる・行きたくなる試乗会の開催】、【各ボディカラーについてのうんちく強化】、さらに【悩まなくて良い支払方法のバリエーションとその提示】などの施策を重点的に実施することが重要と考えられる <図1>

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 18~69歳の男女。且つ、以下の条件を満たす者
         ・(商用除く) 国産/輸入車(プレミアム/軽/乗用)の新車購入者であり、現在もその車を保有している
         ・対象車種の保有歴が10年未満
         ・対象車種の保有歴が10年未満・運転免許を保有する主運転者かつクルマの購入に関する意思決定者である
         ・業界関係者(自動車・調査・広告)を除く
調査期間  : 2014年11月7日(金)~2014年11月月10日(月)
有効回答数: 3,222サンプル(以下の通り、保有ブランドで割付)
         ・トヨタ          :1,026
         ・ホンダ         :522
         ・日産          :389
         ・マツダ         :171
         ・スバル         :145
         ・スズキ         :234
         ・ミツビシ        :73
         ・ダイハツ        :318
         ・輸入車、レクサス   :344

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全15ページ1047KB