自動車保有に関する調査 <総括> | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

消費動向

現在の消費者の暮らしの状況を定点で調査したものを掲載
2015/3/30

自動車保有に関する調査 <総括>

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する18歳~69歳の男女を対象に、「自動車保有に関する調査」を実施しました。

全59ページ4542KB
クルマの提供価値は
「安全性」や「ストレスフリー」がポイント
購入促進にはターゲット層に合わせた
ボディカラーや支払い方法の設計・提案を
自動車保有に関する調査 <総括> 図1

調査結果のトピックス

  • 因子分析と価値構造分析(ラダリング分析)により、自動車の価値は、「クルマを保有するコト」と「クルマを運転するコト」の二つの視点があるとわかった。クルマの提供価値は「安心さ」や「ストレスを感じさせない」などの軸があり、それらを中心としたクルマ作りやカーライフの提案がより一層求められると考えられる <図1>
  • 重回帰分析により、クルマのブランドロイヤリティ向上・形成要因には「クルマに乗り、そのブランドを好きになる」、「付加価値を 感じ、人に薦めたくなる」、「ディーラーに行き、また購入したくなる」といったステップが働いていることがわかった 
  • 複合ファネル分析により、新車購入検討開始直後と、購入車種決定直前のそれぞれで発生する行動が明確になった。特に、購入決定直前の「ボディカラーの検討」、「支払方法の検討」に対してディーラーや販売店での施策やアプローチ方法が必要になると 推察される

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 18~69歳の男女。且つ、以下の条件を満たす者
         ・(商用除く) 国産/輸入車(プレミアム/軽/乗用)の新車購入者であり、現在もその車を保有している
         ・対象車種の保有歴が10年未満
         ・対象車種の保有歴が10年未満・運転免許を保有する主運転者かつクルマの購入に関する意思決定者である
         ・業界関係者(自動車・調査・広告)を除く
調査期間  : 2014年11月7日(金)~2014年11月月10日(月)
有効回答数: 3,222サンプル(以下の通り、保有ブランドで割付)
         ・トヨタ          :1,026
         ・ホンダ         :522
         ・日産          :389
         ・マツダ         :171
         ・スバル         :145
         ・スズキ         :234
         ・ミツビシ        :73
         ・ダイハツ        :318
         ・輸入車、レクサス   :344

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全59ページ4542KB