ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • IT・家電・自動車

スマートフォンのBYOD利用に伴うコミュニケーションアプリに関する調査

2012 / 07 / 26

スマートフォンのBYOD利用に伴うコミュニケーションアプリに関する調査

近年、個人の端末を企業内の業務で利用するBYOD(Bring Your Own Device)に、コスト面などにおいて企業からの関心が高まっています。パソコンと同等の機能を備え、どこでもネットワークに接続できるスマートフォンやタブレット端末が普及し、場所を問わずに業務が行えることから、BYODを奨励する企業も少なくありません。BYOD利用者は、個人端末の業務利用とプライベート利用において、どのような意識を持って利用しているのでしょうか。
今回は、プライベートで使用しているスマートフォンでの、コミュニケーションアプリの使用実態や、アプリ使用に対する意識を調査しました。

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

965.83 KB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。
1分で完了します。

無料会員登録はこちらから

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

965.83 KB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。1分で完了します。

  • コミュニケーションアプリを通じて得意先の個人情報がサーバー自動送信されるのは、 84%が不安
  • BYODの浸透の中で「仕事でスマホを使うことを意識したアプリ選択が必要」75%

調査結果トピックス

プライベート用スマートフォンに、ビジネス上の情報を入れている者は69.3%。その情報内容は、「取引先の名前・連絡先の個人情報」(88.7%)が最も高く、「社内の個人情報」(47.0%)、「会社メールの転送メール」(36.2%)が続く。

プライベート用スマートフォンで、コミュニケーションアプリを使用している者は66.2%。男女共に、年代が低くなるほどコミュニケーションアプリの使用率が高く、女性20代では8割を超える。

コミュニケーションアプリを使用する際、仕事でもスマートフォンを使うことを意識して、アプリを選択する必要があると思う人は75.3%。

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 全国20~59歳の、プライベートで使用しているスマートフォンを仕事で使うことがある男女
調査期間 2012年7月9日(月)
~2012年7月11日(水)
有効回答数 2,000サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

965.83 KB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。
1分で完了します。

無料会員登録はこちらから

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

965.83 KB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。1分で完了します。

Cross Marketing ホーム

無料調査レポート

IT・家電・自動車

スマートフォンのBYOD利用に伴うコミュニケーションアプリに関する調査