ラッシュアワー通信速度調査(東名阪100地点) | リサーチ・市場調査・マーケティング

IT・家電

インターネットやSNS、スマートフォン、家電などに関する調査結果を掲載
2013/12/20

ラッシュアワー通信速度調査(東名阪100地点)

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、各携帯電話会社のiPhone5c/Androidを使った「ラッシュアワー通信速度調査(東名阪100地点) 」を実施しました。
当社では、ネットリサーチだけでなく、本調査のような全国規模のフィールド調査も実施しており、今後も幅広いリサーチサービスをワンストップで提供してまいります。

全25ページ1041KB
混雑時にiPhone/Androidを最も快適につかえる携帯キャリアは?
通信速度・WEB表示時間共にソフトバンクが最速!
-ラッシュアワー通信速度調査(東名阪100地点)-
ラッシュアワー通信速度調査(東名阪100地点) 図1

調査結果のトピックス

  • SoftBankはiPhone/Androidともにダウンロード速度はトップ。ラッシュアワー時という混雑時にもかかわらず、iPhone/Androidどちらとも平均速度10 Mbpsを超える。 特にiPhoneで強さが目立ち、100地点中82地点で10Mbps以上を記録し、ダウンロード平均速度13.47Mbpsで今回調査最速を記録。<図1>また、WEBサイト表示速度においてもiPhone/Androidともにトップとなり、ラッシュアワー時においても安定した通信環境が確認された。
  • auは、iPhone/Androidともに2番手 。iPhoneでソフトバンクに差をつけられるも、androidでは10Mbps以上のダウンロード平均速度を記録し、地点数とともにソフトバンクに迫る記録となる。WEBサイト表示速度においても、 iPhone/Androidともに2位を記録。
  • docomoは、iPhone/androidともに最下位でダウンロード平均速度5Mbps前後を記録し、10Mbps以上のダウンロード平均速度となった地点もほとんど記録されず、高速通信としては物足りない結果に。WEB表示時間も他社に後れをとる。

調査概要

調査手法  :調査員によるフィールド実測調査
調査場所  :東京圏、名古屋圏、大阪圏の合計100地点 
調査対象  :docomo、au、SoftBankの3社のiPhone5c,Android(2013年冬モデル)
       ※docomo:Xperia(TM) Z1 SO-01F、au:Xperia(TM) Z1 SOL23、SoftBank:AQUOS PHONE Xx 302SH
調査内容  :【ダウンロード速度】株式会社インターコネクトの提供する回線速度測定サイト
        「BNRスピードテスト」を使い、ダウンロードの平均データ転送速度を各キャリア・端末
        ごとに3回ずつ計測し、その平均値を測定。
        【WEB表示時間】Yahoo! JAPANトップページの表示時間を各キャリア・端末ごとに
        3回ずつ計測し、その平均値を測定。
調査期間  : 2013年12月9日(月)~12月13日(金)

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全25ページ1041KB