「中国4大都市・中間層の正体を探る」調査トピックスレポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2013/2/21

「中国4大都市・中間層の正体を探る」調査トピックスレポート

最近、中国経済の減速・停滞を懸念する声が聞かれますが、今回の調査では、中国という「国」や「産業」単位ではなく、 大都市に住む「中国人中間層生活者」に、個人の生活価値観や生活意識、買い物行動などを尋ね、「都市別」「性・年齢別」にその実態を明らかにしました。
※一部の調査内容は、R&Dが毎年10月に東京首都圏で実施している『CORE』調査を基に、日中比較を試みました。

全19ページ945KB

中国中間層、仕事に対する「プロ志向」「役職・給与の上昇志向」が日本より“貪欲”な傾向

エレクトロニクスメーカーの保有率は、

「SONY」「Panasonic」に差をつけ、「Haier」がトップ

「中国4大都市・中間層の正体を探る」調査トピックスレポート 図1

調査結果のトピックス

  • 日本と比較して、男女共に「プロ志向」「高い役職・給与への上昇志向」「転職への抵抗感の低さ」が特徴的。 とりわけ中国女性の「上昇志向」の強さが際立っている。
  • 性年代別では、20代男性が「転職・ステップアップ志向」が強く、20代女性は「やりがいと独立開業志向」が強い。
  • 現保有率では「Haier」が性・年代問わず高く、「信頼できる」「将来性がある」というイメージで、日本のブランド(SONY/Panasonic)に差をつけている。

調査概要

調査手法 : “街頭リクルートによる1対1の面接調査と自記入調査の併用”実施
調査対象 : 中国4都市(北京/上海/広州/成都)20~49歳のミドル収入層男女(世帯月収:5,000~7,999元)
各都市約100名
調査期間 : 2012年11月23(金)~2012年11月25(日)
有効回答サンプル数 : 421サンプル
※一部の調査内容はR&Dが毎年10月に首都40km圏で留置法で実施している『CORE』調査を基に日中比較した。

クロス・マーケティングとR&Dでは、「中国4大都市・中間層の正体を探る」調査として、三本立てシリーズで 順次発表してまいりました。今回は、そのトピックスレポートとなります。
シリーズ①: 中国人中間層の価値観・生活者マインド (2013/1/21 プレスリリースご案内済み)
シリーズ②: 中国人中間層のライフスタイルと消費意識/態度 (2013/1/31 プレスリリースご案内済み)
シリーズ③: ITデバイスの普及・利用状況と買物時に重視する情報源( 2013/2/7 プレスリリースご案内済み)
トピックスレポート:「中国人中間層の仕事・キャリア観」と「エレクトロニクスメーカーの市場浸透状況とブランドイメージ」 (今回)

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全19ページ945KB