自動車保険に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2016/2/29

自動車保険に関する調査

自動車保険業界全体の業績回復や、自動車保険に加入することでリスクに備えるなど、人々の意識に変化が表れています。
本調査では、自動車保険市場での代理店系・ダイレクト系の移行状況や保険の契約チャネル、選択理由などといった自動車保険契約の意識や実態について明らかにしました。

全13ページ1254KB
自動車保険の乗り換え先はダイレクト保険が主流か
保険会社の選択理由は【保険料の安さ】が34%でトップ
自動車保険に関する調査 図1、図2

調査結果のトピックス

  • 自動車保険の乗り換え状況では、代理店系からダイレクト系へ乗り換えた割合が49.2%、ダイレクト系から再びダイレクト系へ 乗り換えた割合は83.7%となり、ダイレクト系への移行が高い状況がうかがえる <図1>
  • 自動車保険契約チャネルでは、全体で【保険専門代理店経由で契約】が22.0%で最も多い。18~20代の若年層では、全体と異なり【自動車ディーラー経由で契約】が男性で22.8%、女性で22.5%と高い結果となった。これは初めて自動車を買うタイミングでディーラーの勧めに応じて保険契約をしているケースが多いと推察される <図2>
  • 自動車保険会社の選択理由では、全体で【保険料が安いから】が33.8%で他の項目と比べて圧倒的に高い結果に

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 18~69歳の男女、現在契約している自動車保険を自分で選択し、契約した人
調査期間  : 2015年12月17日(木)~2015年12月25日(金)
有効回答数 : 4,087サンプル(全国の性年代別人口構成比に基づいてスクリーニング回収し、回答者から無作為抽出)
調査実施会社 : 株式会社クロス・マーケティング

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全13ページ1254KB