LCCに関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2013/1/11

LCCに関する調査

欧米では既に本格化しているLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)ですが、日本でも昨年2012年には『LCC元年』として注目され、浸透状況が広まりつつあります。主に海外旅行の交通手段として注目が高まる中、国内の移動手段としては、時間やコスト、また他の交通機関を上回る満足度を得られるのか、消費者の心理はまだ不透明と言えます。
今回は、渡航先を「北(北海道)」と「南(沖縄)」に絞り、レガシーキャリア(従来型の航空会社やサービス)を含めた航空利用者の実態・意識を把握し、LCCの位置づけ及び評価のポイントを明らかにします。

全13ページ625KB

LCC国内線の利用率はわずか2%未満

他方で利用者による今後の利用意向は8割以上と高く、

利用者の約半数がリピーターと、反応は上々

LCCに関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • 国内LCCで最も知られているのは、「ピーチ・アビエーション」(62.9%)
  • CC利用者による、今後の利用意向は8割以上。LCCの国内線利用において、リピーターが半数を超える
  • LCC利用者は旅行への積極性がレガシーキャリア利用者より高い。

調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 : 20~69歳の男女
首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)、関西圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)
調査期間 : 2012年12月3日(月)~2012年12月5日(水)
有効回答数 : 本調査600サンプル(スクリーニング18,658サンプル)

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全13ページ625KB