アルコールRTDに関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2012/5/9

アルコールRTDに関する調査

RTDとは「Ready to Drink」の略語で、そのまますぐ飲める缶チューハイや缶カクテルなどの低アルコール飲料のことです。従来の缶チューハイだけでなく、新フレーバーやノンアルコール飲料など、飲料メーカー各社から次々に新商品が発売され、商品バリエーションは多岐に渡っています。
競争が激しく、消費者のブランドスイッチの多い市場において、アルコールRTDユーザーはどのような飲み方をしているのでしょうか。本調査では、主要ブランドの市場におけるポジショニングと消費者のアルコールRTD飲用シーン、日常生活意識などを把握することで、アルコールRTDの実態の一端を明らかにします。

全14ページ1806KB
20代女性はみんなでワイワイ、30代男性はインターネットをしながらひとりでひっそり 「プシュっと開けて、そのまますぐ飲める」低アルコール飲料の晩酌傾向に差 一緒に食べる料理は「肉料理」が上位
アルコールRTDに関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • アルコールRTDと一緒に食べる料理は、「唐揚げ」「焼肉」など「肉料理」が上位。
  • 選定ポイントは、「価格」よりも「味」が重視されている。
  • クラスタ分析によると、30代一人暮らしの男性は食や健康に対する意識が低く、よりアルコール度数の高いものを好み、寝る前にインターネットをしながら飲む傾向がある。 それに対し20代女性は、食や健康に対する意識が高いため、より美容に良い低アルコールのものを好み、夕食時に複数人で飲む傾向がある。

調査概要

調査手法  :インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象  :全国20~59歳の男女で、レポート記載の本調査対象商品を月1回以上自分で購入している人
調査期間  :2012年4月13日(金)~ 2012年4月16日(月)
有効回答数 :本調査 1,000サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全14ページ1806KB