缶コーヒーに関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2013/1/15

缶コーヒーに関する調査

缶コーヒーは、今や「スタンダード」タイプを始め、「ブラック」「微糖」「カフェオレ」など味の多様化や、「朝専用」などの飲むタイミングによるバリエーションなど、購入者の志向や生活スタイルに合わせて種類が豊富となっています。
当調査では、缶コーヒーを購入している人を対象にアンケートを実施いたしました。調査対象者を、購入したことを認識している「意識購入者」と、購入したことを認識していない「無意識購入者」に分類し、意識購入者には購入ブランドの購入時の様子、無意識購入者には普段の缶コーヒー購入時の様子をそれぞれ質問し、購買行動の差異を検証しました。

全31ページ1214KB

意識購入者は 迷わず“目的買い”、無意識購入者は 比較検討して“ついで買い”

「ジョージアエメラルドマウンテン」、「ワンダモーニングショット」は

意識購入率が高く、継続購入意向も高い傾向

缶コーヒーに関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • 意識購入者と無意識購入者の割合は、「意識購入者」86%、「無意識購入者」14%。
  • 新商品は無意識購入者が購入する傾向があり、特に新商品の「ワンダ白×黒100%エスプレッソ」は無意識購入者が多い。

調査概要

調査手法 : インターネット調査
調査対象 : 全国 20~79歳の男女
7月28日(土)~10月27日(土)の期間、コンビニエンスストアで調査対象の缶コーヒーいずれかを購入した者
調査期間 : 2012年11月2日(金)~2012年11月5日(月)
有効回答数 : 1,579サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全31ページ1214KB