カリーグ・フィーリングスによる社員満足度調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

ワークスタイル

仕事や働き方に関する調査結果を掲載
2016/12/21

カリーグ・フィーリングスによる社員満足度調査

調査で簡単に、年代・業種などと自社の比較が可能な社員満足度調査「カリーグ・フィーリングス(Colleague Feelings)。今回はこれを利用し、全国47都道府県に在住する18~79歳の男女を対象にして社員満足度に与える影響要因を把握するため調査を実施しました。

全29ページ2125KB

社員満足度調査
「カリーグ・フィーリングス(Colleague Feelings)」
を提供開始

カリーグ・フィーリングスによる社員満足度調査 図1

調査結果のトピックス

  • 20~30代の若手男女社員の満足度で影響が強い要素は『コミュニケーション』が1位となり最も強いことがわかった。2位以降は『理念・ビジョン』、『福利厚生・待遇』と続く。社内や部署内での活発なコミュニケーションや、経営理念の理解・浸透などが若手社員の満足度に大きく影響していることが判明した <図1>

  • 年代別の満足度の影響要素では、『福利厚生・待遇』が年代が上がるにつれて順位やパス係数が下がっていき、『理念・ビジョン』は年代が上がるにつれて順位やパス係数が上がっている。これらの要素は年代によって影響が大きく変わることがわかった

  • 【参考】 性年代別の他、業界別でも調査を実施。運輸業、郵便業を例に見てみると、『コミュニケーション』が最も高く、次いで『福利厚生・待遇』、『理念・ビジョン』と続くというように、同業界において影響度が強い要素の確認が可能

調査概要

調査手法  : カリーグ・フィーリングスを使ったインターネットリサーチ
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 18~79歳の男女
調査期間  : 2015年5月
有効回答数 : 80,110サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全29ページ2125KB