ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

ビジネスパーソンの金融取引に関する調査

報道関係各位

2012 / 06 / 25

株式会社クロス・マーケティング

取引意向に金銭的ゆとりは関係ナシ。
過去1年間取引しているアクティブユーザーは、
7割近くが「日本株式」を取引。
取引頻度は、約半数が「月1未満」

-「ビジネスパーソンの金融取引」に関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)では、全国20~59歳の男女で、勤務時間が固定しているビジネスパーソン1,200人に、「金融取引」に関する調査を実施いたしました。

   

調査結果

【取引意向】
金融商品を保有している人のうち、「アクティブ取引者」は、今後も73%が取引意向あり。一方、「非アクティブ保有者」は41%に留まる。<図1>

金銭的余裕による取引意向の差はあまり見られない。<図2>

【取引状況】
認知している証券会社は「野村証券」(80.3%)がトップ。次いで、「大和証券」(71.3%)、「楽天証券」(70.8%)が続く。<図3>

認知している金融商品に関しては、「日本株式」(75.3%)、「外貨預金」(69.0%)が上位。<図4>

過去1年間で取引がある人の売買経験のある証券会社は、「SBI証券」(28.8%)がトップ。次いで「楽天証券」(18%)、「野村証券」(17%)が続く。<図5>

その金融商品は、他を引き離し「日本株式」(68.5%)がトップ。<図6>

取引頻度は「月1未満」が47.0%と半数近くおり、「毎日以上」が一番少なく6.8%。<図7>

      

    news_releace_20120625_1

news_releace_20120625_2

news_releace_20120625_3

news_releace_20120625_4

調査概要

調査手法
: インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査対象
: 全国20~59歳の男女で、勤務時間が固定しているビジネスパーソン
調査期間
: 2012年2月20日(月)~ 2012年2月23日(木)
有効回答数
: 1,200サンプル
調査担当 : 那須野 拓実

news_releace_20120625_5
【会社概要】
会社名
: 株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地
: 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立
: 2003年4月1日
代表者
: 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容
: マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当
: マーケティング部
TEL
:03-6859-1192
FAX
:03-6859-2275
E-mail
: pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 <例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

QiQUMO(キクモ)
生活者理解を深め、商品開発に活かしたいマーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

“生活者理解を深め、商品開発に活かしたい”マーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

初めてのネットリサーチ デキるマーケターはデータで語る!
クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

最高の論文には最高の調査を。クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

学術調査

Cross Marketing ホーム

お知らせ

プレスリリース

【お知らせ】ビジネスパーソンの金融取引に関する調査