WEBアンケート調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

アンケート調査

クロス・マーケティングでは、豊富なインターネット(Web)リサーチの経験と共に、クライアント様からいただく様々なご依頼にこたえられる各種の市場調査手法を提供させていただいており、市場調査におけるお客様のよき相談相手として高く評価されています。

 

市場と消費の構造変化に対応し、日々、リアルタイムでマーケティングプログラムの開発を行っているお客様が必要とする調査企画は柔軟、かつ的確にビジネス上の課題を克服するためのマーケティングデータが収集できるものでなければいけません。その前提に立ち、クロス・マーケティングではお客様の様々なアンケート調査ニーズにお応えしているインターネット(Web)リサーチを始めとして、豊富な市場調査メニューを取り揃えています。また、各種の定量調査手法に加え、グローバルリサーチや定性調査、そして、流通現場での調査などを提供させていただいています。

それらは、「インターネット(Web)リサーチ」「会場調査(CLT)」「ホームユーステスト(HUT)」「電話調査」「郵送調査」「エスノグラフィー」「ショッパーリサーチ」「グループインタビュー」「デプスインタビュー」などで、これらのアンケート調査メニューを、オンライン(Web)・オフライン(リアル)の組み合わせでも提供させていただいています。

 

様々なマーケティングシーンでお客様が直面する課題の解決や、お客様のどの様なご依頼(調査ニーズ)にも当社の豊富なアンケート調査メニューは対応しています。各種の調査手法に精通したリサーチャーが幅広い調査力をもって市場の理解や御社のご依頼に応じた最適な調査企画や結果分析をご提供します。

  • 定量調査

    ネットリサーチや会場調査等で得たデータを数値化。大規模モニターを活かし、信頼性の高いデータを提供します。

    主な定量調査サービス

    ネットリサーチ

  • 定性調査

    インタビューや行動観察から、生活者の意識や行動実態といった数値化できないデータを取得します。

    主な定性調査サービス

    インサイト発見サービス

  • 海外調査
  • 学術調査
調査のご相談や見積りのお問い合せ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

アンケート一覧:定量調査

定量調査とは


定量調査とは、人数や性別、居住地など、数値化できるデータ(定量)を集計して、統計学的に分析を行う調査です。設問と、「選択肢」にあたる回答をあらかじめ用意し、選ばれた回答を収集して数値化した上で、分析を行います。ネットリサーチや会場調査(CLT)、ホームユーステスト(HUT)など、いわゆる「アンケート」は、ほぼすべてこの定量調査に該当します。新商品・サービスを市場に投入する前に、市場に受け入れられるかどうかを知りたい、商品・サービスが市場で選ばれるか選ばれないかを部外者にも分かるように数値化して表示したい、という場合に適した調査です。世間一般で最も広く使われている調査手法で、「調査」という場合、大半の調査手法はこの定量調査に該当します。定量調査では、データの信頼性を確保するために、サンプル数をある程度確保することが求められます。メリットの1つ目はターゲットがその商品・サービスに対して抱く意識などを数値として見せること。2つ目は部外者にも明快に提示できること。3つ目は、得たアンケート結果を数字で示せるため理解しやすくなること。そして最後は時系列グラフやコレスポンデンス分析など他の統計様式にも容易に変換できることがメリットとして挙げられます。


オンライン

  • ネットリサーチネットリサーチ

    オーダーメイドのアンケート画面で、高精度を実現。調査企画、無料集計ツールなどサポートも充実。

  • Virtual Insight 360°ViewVirtual Insight 360°View

    360°のパノラマビューを用い、仮想店舗体験によって「棚・パッケージ・店舗」の評価をネットで調査します。

  • WebシェルフWebシェルフ

    Web上に再現した商品棚(Webシェルフ)をインターネット調査に活用したアンケートです。

  • モバイルリサーチモバイルリサーチ

    いつも身に付けている携帯電話の特性を利用し、タイムリーにアンケートを実施することができます。

  • アンケートASPアンケートASP

    当社のネットリサーチ用アンケートシステムをASPとしてご利用いただけます。

  • WebリクルーティングWebリクルーティング

    お客様自身で調査を実施される際に、当社モニターを提供するリクルーティングサービスです。

オフライン

アンケート一覧:定性調査

定性調査とは


定性調査とは、ターゲットの発言や行動、意見など、割合や数量などの「定量」で数値化することが出来ないデータを収集し、分析する調査です。「グループ・インタビュー」や「訪問観察調査(家庭訪問調査)」、「ユーザーインタビュー」などがこれにあたります。「●と×のどちらが好きか」という簡単な設問ではなく、「●のどういうところが好きか」「×はどのようなところが嫌いか」など、ターゲットの嗜好や考え方など深い部分まで踏み込む設問が多くなります。その商品・サービスを選ぶ・選ばない理由や、そこに至る経緯など、定量調査で知ることが難しい部分に踏み込めるため、ネガティブな点を洗い出したい場合や、ユーザーが言いにくい本音などを知りたい場合などに有効な調査です。特定のターゲットに対して行う調査であるため、数値データに変換できる他の調査に比べて少ないサンプルで行えること、コアなターゲットの本音が聞けること、対象となる商品・サービスの実態・現状が分かること、などが主なメリットです。「本来は定量調査を行うべきだが、予算が少ないため少数のターゲットだけで調査を行いたい」「定量調査を行えるほどのサンプル数が集められない」という場合にも適しています。


オンライン

  • オンライン型インサイト発見サービスオンライン型インサイト発見サービス

    対象者の深層心理から発見したインサイトを元に、アイデア開発の参考となるアイデア例を提示します。

  • MROCMROC

    オンラインコミュニティ上の会話を分析し、従来では発見が難しかった生活者のインサイトを調査します。

オフライン

  • グループインタビューグループインタビュー

    6~8人を1グループとし、ディスカッション形式で行う調査です。生活者の心理・本音を明らかにします。

  • デプスインタビューデプスインタビュー

    1対1の面接形式で実施し、定量調査では把握しづらい行動に対する動機を、深く理解できます。

  • アイトラッキングアイトラッキング

    専用の装置で利用者の視線の動きを測定し「位置」「視線の流れ」「確認の時間」をデータ化します。

  • 店頭調査店頭調査

    実店舗を使い、POP・パッケージ・売場レイアウトなど店頭の様々な要因による購買意識の変化を調査します。

その他

データ集計・変換データ集計・変換

様々なアンケートデータの集計メニューをご提供しております。