ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

共創型グループインタビュー「共創会議」とは

生活者参加型の“共創”グループインタビューです。「ファン」による生活体験を可視化する新しいカタチのグループインタビューです。

共創会議とは

共創会議のポイント

生活者のライフスタイルが多様化し、変化し続けているにもかかわらず、マーケティングリサーチ業界では、40年以上にわたり、変わらない形で生活者理解のための定性調査が行われてきました。当社は、生活者にもっと寄り添い、意思決定に際して生活者がどのような価値観を重視しているのかに目を向けます。そして、未来の生活者像を提示するために従来のインタビューの形にとらわれない、グループインタビューの新しいカタチを提案します。

参加メンバーの選定基準は、3つの要素(行動×知識×感情)を満たす「ファン」

商品やサービスについて、リアルな生活における体験を語れる方を参加メンバーとして招集します。

体験を可視化する20のワークシート

ワークを通して、“ジブンゴト”としてとらえることでもたらされるアイデアとともに、互いに刺激し合うことによって生まれる新たな気づきや変化を参加メンバーから引き出し、生活者視点での課題解決につなげます。

共創会議とは

共創型グループインタビュー『共創会議』

参加メンバーがワークを通して気づきを得たり変化したりする様子をリアルタイムでご覧いただけるため、従来のミラー越しの静的な観察ではなく、ライブ感のある観察をしていただけます。

共創会議の活用例

  • 自動車:若年層へのコンタクトポイントをつくるため
    「クルマと私の未来」をテーマに様々なスケッチを描きながらコンタクトポイントのヒントを得る

  • 飲料:若者に向けてコミュニケーションツールを超える価値をつくるため
    楽しく飲酒をしながらのグループインタビューを実施。「宅飲み」の楽しさを創り上げる

  • ハンドソープ:使い心地を伝える表現を考えるため
    ホームユースとグループインタビューを複数回繰り返しながら自分なりの表現を創り上げる

共創会議「QDAアイディエーション」

ウィズ・アフターコロナ、SDGs、DX ・・・
社会は今、大きな転換期を迎えています。
生活者の「今まで」から「これから」を考えることが重要です。

大きな変化には気付いているが、今までのやり方からなかなか抜け出せずアイデアが創造できない。
その課題を「QDAアイディエーション」が解決します。

具体的な課題として

  • 生活者ニーズ視点での商品開発プロセスの見直し
    今までの定性調査ではインサイトの深い抽出に限界を感じている
    生の声である定性情報を活かしてきれていない
  • 多様化する社会における生活者ニーズでの新商品・サービス開発
    顧客は生活の中で、自社の商品・サービスをどのように活用しているのか、また新たな活用の仕方をどう提供できるか
    デジタル化による生活者ニーズが多様化する中、変化に対応した商品開発をどのように行うか
  • 新しい社会に合わせた既存商品/サービスの提供価値再規定
    生活者ニーズは、自社・競合製品のみならず他のカテゴリーで充たされている今、自社製品の提供価値を再規定したい
    SDGs、DXなど新しい社会のモノサシが基準となる中において、既存コンセプトにどのように付加していくか
  • ニューノーマル社会でのコミュニケーション
    社会情勢の変化に対応した生活様式を求められる中で、生活者に響くメッセージを開発したい
    リアル店舗からECサイトへ生活者との接点が変化、顧客に対しどのような体験価値を生み出していくべきか

共創会議「QDAアイディエーション」は「これから」を考えるソリューションです。

「QDAアイディエーション」は、アクティビティのオンライン化&発話データの質的データ分析(QDA)実施を通じて、課題解決を図るプログラムを構築しました。
ソリューションの特長として、特定テーマをワークショップスタイルでアプローチする(つくって、発表し、振り返る)ことで、企業とターゲットとのギャップをこれまで以上に見える化でき、マーケティング活動の再構築を促すことが可能です。

    質的データ分析(QDA)とは

    質的データ分析(Qualitative Data Analysis = 略称QDA)とは、量的データ分析の適用が難しく、ワークショップなど実験や統計ではアプローチできない場を分析する手法として、社会学や文化人類学で近年積極的に導入されている手法です。

新しい調査のカタチに求められるもの

  • 深掘りのポイントを事前に設計するのではなく、生活者との創発的な対話の中から意識や行動の本質を見出すための情報を引き出す必要があります。
  • 発話の解釈(構造化)を予め想定するのではなく、ファインディングスを抽出する科学的なメソッドを用い、観察者の感覚的な気付きに頼らない分析を行う必要があります。
インタビュー型ワークショップ

インタビュー型ワークショップとは

「QDAアイディエーション」ではテーマに合った対象者とオンライン上(Zoom等)でグループディスカッションを行います。
創発的な対話の場とすることによって、生活者の洞察を行うことができ、新しいアイデアを発掘することが可能です。

インタビュー型ワークショップの特長

インタビュー インタビュー型ワークショップ ワークショップ
アウトプット 仮説として構築している範囲の中で、生活者の深層心理に迫っていきます。ソリューションが想定されている場合、提供すべきベネフィットを定義することが可能です。 事前に仮説を立てる、具体的なフローを設ける訳ではなく、ワークショップでの対話。その内容を分類・構造化・概念化することで、生活者の潜在的なニーズを抽出します。 リサーチとは異なり、アウトプットを重視したアクティビティであるため、具体的なアイデアの創出が見込まれます。
PJT推進 事前に仮説構築している、ニーズ形成の理論構造に沿ってインタビューの内容を整理することにより、分析内容として理解される。一方で量的データによる検証に比べて説得力でやや劣ります。 質的データ分析(QDA)における正しいプロセスを踏んで分析を実施。その過程まで共有することによって、調査結果の論理的な説明が可能です。アイデアの根拠を示すことで、プロジェクト推進が期待できます。 「なぜ新しいアイデアやコンセプトが生まれたのか?」という問いに触れず、分析的アプローチを行わないため、そのアイデアでのコンセプト開発を推進するハードルが高いです。

インタビュー型ワークショップの概要

インタビュー型ワークショップの手順

「QDAアイディエーション」はクロス・マーケティングとPCJ社との協業プログラムです。

アクティビティのオンライン化&発話データの質的データ分析(QDA)実施を通じて、課題を解決する独自のプログラムです。

    プラス・サーキュレーション・ジャパン
    Plus Circulation Japan Inc.

    数多くの商品サービス開発・事業開発プロジェクトに参画し、そのたびに大きな成果をあげてきました。
    学生を対象にCM制作ワークショップをもとに展開した販促プロモーションでは、対象商品の売り上げを70%以上増加させる実績を残しました(大手食品メーカー)。ワークショップを通じて、ロングセラー商品を開発(大手文具メーカー/大手電機メーカー)、大規模再開発のまちづくりコンセプトを構築(大手ディベロッパー)等、ワークショップの戦略的活用を通じて数多くの成果を上げています。

    PCJ社

    https://www.pcjlabo.com

スケジュールと納品物

スケジュールと納品物

「QDAアイディエーション」についての資料が下記よりダウンロードできます。

2021年10月15日に開催したウェビナーの資料です。共創会議「QDAアイディエーション」のご説明と事例紹介として『共創会議「QDAアイディエーション」を活用し、「Z世代へ共感を生む企業のSDGsコミュニケーション」を考える』の報告書がダウンロード出来ます。