ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

カスタマージャーニー型データ分析とは

カスタマージャーニー型データ分析は、クロス・マーケティングがご提供するフルカスタマイズ型のデータマーケティングメソッドです。顧客データを統合して時系列で可視化、マクロとミクロ両方の視点から顧客像を解明します。データの棚卸しに始まり、アスキングと掛け合わせたペルソナ分析や、分析結果を踏まえたテストマーケティングの実施など、データ活用プロジェクトの立ち上げから推進まで幅広く支援いたします。



カスタマージャーニー型データ分析の特徴

  • 行動データから抽出した戦略セグメントの意識を解明し、施策を具体化!
  • 顧客のLTVを算出し、経営目線での収益改善シミュレーションを実施!
  • なかなか進めにくいデータの統合活用を泥臭く継続支援!

One to Oneマーケティングの実現を後押し

顧客に焦点を当てたデータ分析では、売上データの顧客軸の集計が代表的です。しかし、その後の活用まで考えると、個人の嗜好性に合わせた情報接触が当たり前となった昨今、地域や年代といった一般的な属性だけでなく、個人の価値観やライフスタイルまで反映したより深いマーケティング・コミュニケーションの設計が重要となってきています。
カスタマージャーニー型データ分析では、「顧客軸」かつ「時系列」による分析で、顧客一人一人の意識と行動の変遷を追いかけ、顧客に対するより深い理解を得ることで、One to Oneマーケティングの実現を後押しいたします。

分析軸分析方法(例)主な目的
単純集計売上集計売上の計上
営業軸による集計組織ごと売上集計
個人ごと売上集計
営業マネジメント
人事評価
商品軸による集計ABC分析
アソシエーション分析
商品企画の改善
営業手法の改善
顧客軸による集計RFM分析
デシル分析
顧客セグメンテーション
顧客軸での時系列分析カスタマージャーニー型
データ分析
One to Oneマーケティング

カスタマージャーニー型データ分析の3ステップ

(1)カスタマージャーニー型データへの変換

プロジェクトの最初に様々な形式のデータをまとめて読み込み、ETLツールにて「カスタマージャーニー型データ」に変換します。この処理を行う上で、データの構造上の問題を洗い出し、適切な補正処理も行っていきます。

(2)アスキングによって顧客と課題を具体化

行動データのみでは、データの存在しない休眠期間に何があったか分からないという限界があります。フラグ化した顧客の心理面での違いをアスキングによって捉え、顧客を具体化していきます。“個票”に紐づけて生の声を聴取することで、課題が明らかになります。

(3)統合データによる踏み込んだテストマーケティング

テストマーケティングで施策の採用可否の判断を行う際、施策を行わない「コントロールグループ」を設け、施策実行グループと比較・検証を行います。開封率やクリック率といったKPIは、複数のメール間の比較に留まることが多いため、顧客ごとの過去の状況を整理できる本分析では、施策により態度変容が起こったかどうかまで踏み込んで検証をします。

プロジェクトスケジュール

※プロジェクトゴールやデータの状況によってスケジュールは変動します。
※プロジェクトは、隔週1回程度の定例会を実施しながら進行いたします。

  • STEP.01
    データ統合・可視化(1~2ヵ月)
    • データの棚卸し
    • カスタマージャーニー型データの作成
    • 結果の可視化(マクロ分析)
    • 個票の読み込み(ミクロ分析)
  • STEP.02
    戦略セグメントの策定(1~2ヵ月)
    • 顧客の行動傾向によるセグメンテーション(フラグ化)
    • ボリュームと収益性をもとにした戦略セグメントの特定
    • ターゲット理解のためのアスキング
  • STEP.03
    テストマーケティングの実施(1~2ヵ月)
    • アスキング結果を踏まえたコミュニケーションコンセプトの策定
    • テストマーケティング案の決定(施策内容とKPIの決定)
    • テストマーケティングの実施~検証

Cross Marketing ホーム

データマーケティング

カスタマージャーニー型データ分析