学術調査(アカデミック調査)ならクロス・マーケティング

学術調査(アカデミック調査)

学術調査

国内最大規模:200万人のアンケートモニターの中からご希望の条件で回答者回答者を抽出

年間200件以上の学術案件の実績。日本社会心理学会、日本心理学会、日本教育心理学会に積極的に参加し、先生方や学院生のお手伝いをします。

クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)とは

クロス・マーケティングが提供するマーケティング・リサーチ(市場調査)のメニューを、学術研究機関の研究者や学生向けに提供します。インターネット調査をはじめ、グループインタビュー(座談会)や会場調査といったオフライン調査も実施できます。

お得な学術割引価格で提供

当社で提供しているリサーチサービスを、リーズナブルな学術割引価格で提供します。詳しくはお問合わせください。

国内最大級モニター

国内最大級モニター

200万人超の国内最大規模のアンケートモニターを保有、子供/学生/住宅・沿線/疾病といった特定条件で約20のカテゴリーにあらかじめセグメンテーションされています。より細かく対象者を絞りたい場合に活用できます。

調査実施までのスケジュール

調査票ご入稿からデータ納品まで、万全なサポート体制を確立します。論理矛盾の回答などもチェックしてデータを納品します。調査内容、サンプル数によって納期が変動します。お急ぎの方はご相談ください。

調査実施までのスケジュール

教材用データの概要

教材用データの無料配布

代表的な心理尺度や一般的な社会調査の設問をもとに構成し先行研究と紐付けて分析できる教材用データを無料で配布しています。

教材用データ 日常生活一般調査(2012年度版)
調査手法 インターネット調査
実施時期 2012年8月
対象者 全国/20歳以上の男女(学生を除く)
回収数 有効ケース1,200程度
アンケート内容 仕事、子育て、老後、社会性、幸福感、生活習慣など

※2008年度版、2010年度版も用意しています。

※設問の多くは2008年度版、2010年度版と同じとなっており、 経年での比較が可能です。

調査実績例

取引機関例
大阪大学
九州大学
京都大学
慶応義塾大学
神戸大学

千葉大学
筑波大学
東京工業大学
東京大学
同志社大学
東北大学
名古屋大学
広島大学
北海道大学
早稲田大学
他、50以上の大学での実績あり。

データ掲載論文一例
松尾由美・田島 祥・野原聖子・坂元 章 2008「テレビゲームを利用した社会性育成の可能性-プレイヤーの認識より-」『デジタルゲーム学研究』Vol2 No1.


自社の学術関連活動

2010/09 「インターネット調査における調査票設計」
日本行動計量学会 第38回大会 特別セッション発表
2010/07 「Web調査における望ましい調査ボリューム」
日本マーケティング・リサーチ協会機関誌 『マーケティング・リサーチャー』 No.112 掲載
2009/08 「関与レベルの違いに起因する鑑賞行動変化の測定」
日本行動計量学会 第37回大会 一般セッション発表
調査のご相談や見積りのお問い合せ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。