会場調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

会場調査(CLT)

会場調査は、あらかじめ設定した会場で新製品や改良品を提示し、実際に見て、触って、体験した評価を 得る定量調査の手法です。(英語の略称で、CLT(Central Location Test)とも呼ばれます。) 対象者を会場に集めて調査するため、上市前の製品に対して調査が行える他、体験している様子が見られる、 情報漏洩を防ぎやすい、対象者の了承を得て簡単なインタビューが行える、などのメリットがあります。 また、商品の絶対評価だけではなく、競合製品や改良前製品との相対評価にも適しています。

  • 目的に応じた会場・設備を用意

    目的に応じた会場・設備を用意

    目的に応じて、調理設備のある会場や、商品棚を設置して調査を実施します。

  • 調査実施をワンストップで

    調査実施をワンストップで

    会場準備、機密情報の回収など調査に関わる面倒な作業も対応します。

  • 国内最大級モニター

    国内最大級モニター

    提携会社のモニターも活用し、最適な調査対象者を見つけます。

同時通訳、ネット、クッキング環境を完備。様々なオフライン調査に対応

厳密な工程管理、目的に応じた会場設営、大規模会場 etc…あらゆる要望にお応えしてきた実績と自信があります。また、複数の調査手法を組み合わせて総合的に調査・分析が出来るのも、総合調査会社としての強みです。 

調査実施をワンストップで

国内最大規模のアンケートモニターから、条件に合った調査対象者を見つけます。 会場手配や準備、対象者との調整・召集といった面倒な業務もトータルに対応、調理設備や喫煙可能会場など、複数の会場を自社で保有していますので柔軟な会場設定が可能です。お客様のスケジュールや調査内容に合わせて機材搬入や設営が行えます。 

 

会場調査(CLT)の利用シーン

商品の試用/試飲/試食、商品棚を利用した疑似的な購買行動を、調査対象者に行ってもらうことが可能です。
商品の「仕様(性能)」「味」「パッケージ」「ネーミング」などに関する反応をダイレクトかつ短期間に収集することができます。

会場調査(CLT)の利用シーン

ショッピングモールでの調査

ショッピングモールに併設された会場で調査を行うことができます。
調査ができるショッピングモールは約10施設になります。買物客をターゲットに、会場に誘導して調査を実施できます。
調査可能な施設などについては、当社までお問合わせください。

関連サービス

調査のご相談や見積りのお問い合せ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。