ログインログイン

ご依頼・ご相談 ご依頼
ご相談

資料DL 資料DL

お問い合わせ お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索検索

クロス・マーケティング、明治大学 加藤専任講師との共同研究でラベルレスペットボトルの消費者価値を実証 - 成果の一部が「Asia Pacific Journal of Marketing and Logistics」で採択され、出版 -

報道関係各位

2024 / 02 / 02

株式会社クロス・マーケティング

クロス・マーケティング、明治大学 加藤専任講師との共同研究で
ラベルレスペットボトルの消費者価値を実証

- 成果の一部が「Asia Pacific Journal of Marketing and Logistics」で採択され、出版 -

 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹、以下「当社」)は、明治大学商学部の加藤拓巳専任講師と共同し、科学的根拠に基いて新規コンセプトや新規デザインを生成し評価する方法を研究・開発しています。これにあたり行った共同研究「Balancing the environment and customer value: Evaluation of the attractiveness of label-free plastic bottles for green tea」がAsia Pacific Journal of Marketing and Logistics (Emerald Publishing)で採択され、出版されました。

 本研究は、ラベルレスボトルデザインが環境保護と同時に消費者価値に貢献する施策であることを実証したものです。採択されたジャーナルは、2022 Impact Factorが3.7で、Australian Business Deans Council (ABDC) Journal Quality ListにてAランクに位置しています。

詳細:Asia Pacific Journal of Marketing and Logistics (Emerald Publishing)ホームページ
https://www.emerald.com/insight/content/doi/10.1108/APJML-09-2023-0825/full/html


本研究の概要

 食品業界では、ラベルは、情報や感覚経験を提供する重要なマーケティングツールと認識されてきたため、ラベルレスという正反対の施策の導入はまだ限定的な状況となっています。そこで本研究は、日本市場の緑茶を対象に、「ラベルレスプラスチックボトルは、ラベルありの場合よりも、消費者は魅力を感じる」という仮説を立案し、ラベルレスボトルデザインが環境保護と同時に消費者価値に貢献する施策であることを実証しました。

<研究手順>
Step 1属性の決定  :デザインを構成する主要な属性・水準を定義
Step 2デザイン生成 :属性を網羅的に組み合わせて、機械的に新規デザインを生成
Step 3評価・方針  :ターゲットに対して効果的なデザイン・効果的ではないデザインを抽出

上記の手順に基づき、主要なデザイン要素を機械的に組み合わせ、ラベルありボトルとラベルなしボトルの条件を揃えて検証を行った結果、仮説は支持されました。 /news_release_20240202pr_01_1.webp
/news_release_20240202pr_02_1.webp
/news_release_20240202pr_03_1.webp
/news_release_20240202pr_04_1.webp

今後の展望

 今後、当社では本研究を基に「商品開発におけるデザインおよびコンセプト評価」の場面で活用出来るマーケティングソリューションのリリースを予定しており、同時に特許を出願しています。
 また、当社主催のオンラインカンファレンスにおいて研究結果の解説を予定しています。 /news_release_20240202pr_05_1.webp
開催日:2024年2月6日(火)~2月7日(水)
名称:Cross Insights Hub―クロスオーバー視点でのインサイトマーケティング
詳細・お申込みはこちら:https://www.cross-m.co.jp/conference/cross_insights_hub_2024/


■本研究のセッション
開催日時:2月6日(火) 16:30~17:15
タイトル:個人のセンスに依存しないコンセプト&デザインの生成/評価方法とは?
~顧客価値向上のためのヒントが見つかる科学的アプローチ~
登壇者:
加藤 拓巳 明治大学 商学部 専任講師 / 博士(経営学)
梅山 貴彦 株式会社クロス・マーケティング 取締役 / リサーチ・ソリューション本部 副本部長 /news_release_20240202pr_06_1.webp

【会社概要】
会社名
: 株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地
: 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立
: 2003年4月1日
代表者
: 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容
: マーケティングリサーチ事業
 マーケティング・リサーチに関わるコンサルテーション

◆本サービス・リリースに関するお問い合わせ先◆
株式会社クロス・マーケティング 担当:永田
E-mail
: kagami@cross-m.co.jp

◆オンラインカンファレンスに関するお問い合わせ先◆
株式会社クロス・マーケティング カンファレンス事務局
E-mail
: seminar@cm-group.co.jp
作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

QiQUMO(キクモ)
生活者理解を深め、商品開発に活かしたいマーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

“生活者理解を深め、商品開発に活かしたい”マーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

初めてのネットリサーチ デキるマーケターはデータで語る!
クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

最高の論文には最高の調査を。クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

学術調査

Cross Marketing ホーム

お知らせ

プレスリリース

クロス・マーケティング、明治大学 加藤専任講師との共同研究でラベルレスペットボトルの消費者価値を実証 - 成果の一部が「Asia Pacific Journal of Marketing and Logistics」で採択され、出版 -