ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Cross Traceとは

Cross Traceは属性データ(パネル)×行動データ(Webアクセスログ)×意識データ(アンケート)の分析を通じ、貴社の最適なデジタル・マーケティングの実現をサポートする一連の調査アプローチです。

Cross Trace概念図

Cross Traceの活用方法

Web上のログデータと、アンケートデータを紐付けることで、貴社のWeb広告や、Webサイトに実際にアクセスした人が誰か、どう行動したか、結果どうなったか(態度変容は起こったか)と、その要因は何かを明らかにすることができます。

Webターゲットプロファイリング

WebサイトやWeb広告にアクセスしている人は誰か(デモグラフィー、ニーズなど)、 どんな行動特性か(フリークエンシー、滞在時間、CV、流入元など)を明らかにします。 これにより、デジタル領域において、より精度の高いカスタマージャーニーマップの作成などが可能になり、より深い顧客理解にお役立ていただけます。

Web効果測定

WebサイトやWeb広告におけるブランドリフト効果の検証をいたします。 例えば、動画広告の視聴秒数や、広告への接触回数などによる、ブランドの好意度や推奨意向への影響度を明らかにいたします。この知見を溜めていくことで、 より効果的なコミュニケーション・コンセプトの開発やストーリー作成にお役立ていただけます。

Web UI・UX評価

WebサイトやWeb広告にアクセスした方に対してアンケートを実施し、ユーザービリティや、脱落要因を明らかにいたします。アクセス解析のみでは、サイトの脱落理由などを深く知ることはできません。アンケートと組み合わせることで、ビジュアル、メッセージ、サイト構造など、 どの部分を改善すればCV率を高めることができるのか、といった具体的な理解にお役立ていただけます。

アンケートプロモーション

当社プロモーション会社D&Mと連携することで、その後の施策展開に繋がる、アンケート+αのサービスも提供可能です。Webサイトへモニターを送客し、アンケートを依頼。サイトの深堀調査、アクセス数のアップだけでなく、アンケートを通じてプロモーションを行ったり、見込み客を特定してダイレクトにアプローチしたりすることも可能となっています

PDCAにおけるCross Trace

Cross Traceの詳細

アクチュアルデータの活用により、実態に即した分析が可能になるほか、アンケートデータと組み合わせることで、測定指標に対する具体的な改善施策の立案、および、オンライン上での顧客の購買行動の可視化により、全体像の把握ができます。 また、当社プロモーション会社D&Mとの連携により、認知向上、顧客育成までサポートが可能になり、一貫した“オンライン広告PDCA”サポートサービスの提供をいたします。

貴社サイトまたは広告のソース上にタグを設置していただきます。

広告の場合:

            <img src="//imp.xxx.ne.jp/imp.php?ai=■■■&argument=●●●&tag_id=▲▲▲&dn=◆◆◆">
        

インプレッションを計測したい広告のクリエイティブ内のソースに設置していただきます。

  • 広告媒体により設置の仕方は異なります。(媒体管理画面上で設置するパターンや、各媒体の営業担当に依頼するパターンなど。)
  • 一部、インプレッションを計測できない広告媒体もございます。
  • 管理画面からタグを発行する際に自動的に各種値が入ります。

納品までのスケジュール

  • 広告効果測定(最短の場合)
  • STEP.01
    タグ発行・設置 約3日
    • 調査票入稿
    • トラッキングタグ発行・設置・動作テスト
  • STEP.02
    広告出稿期間 2週間〜1ヶ月
    • キャンペーン広告掲載期間(広告配信期間)
    • 対象者抽出
  • STEP.03
    配信準備 約2日
    • 対象者抽出
    • 配信リスト作成
  • STEP.04
    実査 2〜3日
    • アンケート配信
    • アンケート回答(パネル)
  • STEP.05
    集計・グラフ納品 1〜2週間
    • 回答データ集計
    • 納品データ作成
    • 納品納品

Related Column/ 関連コラム