ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

スマートフォンユーザーの実態把握調査

報道関係各位

2011 / 08 / 29

株式会社クロス・マーケティング

スマートフォン使用者の74.5%が、もはや“生活必需品”!
使ってみると意外に「操作が簡単」と感じられており、
通話・メール以外のアプリケーションや機能を8割以上の人が活用。

-「スマートフォンユーザーの実態把握調査」-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区代表取締役社長:五十嵐幹)では、スマートフォンを所有している全国の18~49歳の男女1,250人を対象に、「スマートフォンユーザーの実態把握調査」を実施いたしました。

調査背景・目的

近年、新しく発売される携帯電話のほとんどがスマートフォンになってきており、今後携帯電話端末はスマートフォンが主流になると考えられます。スマートフォンは、タッチパネルや大画面、PCとの連動といった特徴はもちろん、様々なアプリケーションを活用することで“自分の用途に合わせた使い方”ができることが魅力ですが、このような背景において、ユーザーはスマートフォンをどのようなツールとして捉えているのでしょうか。本調査では、スマートフォンや、そのアプリケーションなどの使用状況を把握するだけでなく、ユーザータイプ別の使用実態も明らかにしました。

   

調査結果トピックス

スマートフォン使用後の評価は、「情報収集がしやすい/スピーディーに情報収集できる」(51.9%)が最も高い。 また、使用前と比較して「操作が簡単」(25.4%)が11.8ポイント上回った。<図1>

アプリケーションの使用状況は、無料/有料問わず「ゲーム」が高い。
有料アプリで活用されているのは、「交通/地図」や「ビジネス」。

使用者の74.5%が、スマートフォンを“生活必需品”と思っている。<図2>

スマートフォンの使用タイプは、「趣味・実益派」(36.3%)が最も高く、30代男性ビジネスマンの傾向が高い。
次に「通話・メール中心派」(17.8%)、「エンタメ派」(15.0%)と続く。<図3>




    news_releace_20110829_1

news_releace_20110829_2

news_releace_20110829_3

【会社概要】
会社名
: 株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地
: 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立
: 2003年4月1日
代表者
: 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容
: マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当
: マーケティング部
TEL
:03-6859-1192
FAX
:03-6859-2275
E-mail
: pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 <例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

QiQUMO(キクモ)
生活者理解を深め、商品開発に活かしたいマーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

“生活者理解を深め、商品開発に活かしたい”マーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

初めてのネットリサーチ デキるマーケターはデータで語る!
クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

最高の論文には最高の調査を。クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

学術調査

Cross Marketing ホーム

お知らせ

プレスリリース

【お知らせ】スマートフォンユーザーの実態把握調査