ログインログイン

ご依頼・ご相談 ご依頼
ご相談

資料DL 資料DL

お問い合わせ お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索検索

基礎代謝に関する調査(2023年)

報道関係各位

2023 / 11 / 29

株式会社クロス・マーケティング

基礎代謝の低下を感じるのは「痩せにくい」「冷えやすい」とき
代謝アップには「ウォーキング」と知っていても実施は少ない

-基礎代謝に関する調査(2023年)-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:五⼗嵐幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「基礎代謝に関する調査(2023年)」を実施しました。冬は基礎代謝は上がるとされています。普段の生活で基礎代謝は意識されているのでしょうか。今回は「基礎代謝について知っていること」「基礎代謝量を向上させるために効果があると思うこと・実行していること」などを聴取しました。    

調査結果

◆自分の基礎代謝量を「知っている」人は26.0%。<図1>
年齢が若い方ほど自分の基礎代謝を認識しており、20代では「ほぼ正確に知っている」が7.3%、「およそ知っている」は27.3%となり、合わせて34.5%と認知率は高い。

◆「基礎代謝が上がると痩せやすくなる」の認識は41.7%。女性は高く50.2%。<図2>
女性は基礎代謝についての知識やイメージが豊富で、「筋肉量が少なくなると基礎代謝は下がる」「基礎代謝があがると冷えにくくなる」が4割台と高い。

◆基礎代謝量の向上に効果があると思うことは「有酸素運動:ウォーキング」が36.1%、向上のために実行していることは「お風呂に入る」が29.8%でTOP。<図3>
効果があると思うことを年代別で見ると、「お風呂に入る」は20~30代の認知が高く、60代は、「ウォーキング」の認知が高い。向上のために実行していることでは、50~60代で「発酵食品」「食物繊維」の摂取と「ウォーキング」の実施が目立った。

◆基礎代謝が落ちたと感じるのは「太りやすい・痩せにくくなった時」が36.2%で最多。女性は45.1%。<図4>
「身体の冷えを感じた時」が24.9%で続く。

◆身体を温めることを「温活」と意識して実行している人は9.2%。<図5>

図1 自分の基礎代謝量を知っているかどうか
図2 基礎代謝について知っている事
図3 基礎代謝量の向上のために効果があると思うこと・実行していること
図4 基礎代謝量の低下を感じる時
図5 身体を温めることを温活と思っているか

調査項目

□属性設問
□自分の基礎代謝量の認知
□基礎代謝について知っていること
□基礎代謝をあげるために効果があると思っていること
□基礎代謝をあげるために自分でしていること
□基礎代謝が落ちたと感じる場面
□身体を温める活動を「温活」と思っているか



調査概要

調査手法
: インターネットリサーチ
(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域
: 全国47都道府県
調査対象
: 20~69歳の男女
調査期間
: 2023年11月24日(金)~27日(月)
有効回答数
: 本調査1,100サンプル

※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


【会社概要】
会社名
: 株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地
: 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立
: 2003年4月1日
代表者
: 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容
: マーケティングリサーチ事業
 マーケティング・リサーチに関わるコンサルテーション

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当
: マーケティング部
TEL
:03-6859-1192
FAX
:03-6859-2275
E-mail
: pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 <例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

QiQUMO(キクモ)
生活者理解を深め、商品開発に活かしたいマーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

“生活者理解を深め、商品開発に活かしたい”マーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

初めてのネットリサーチ デキるマーケターはデータで語る!
クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

最高の論文には最高の調査を。クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

学術調査

Cross Marketing ホーム

お知らせ

プレスリリース

【お知らせ】基礎代謝に関する調査(2023年)