ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Data Marketing

レジャー事業会社様

テーマパークにおける高額パッケージ商品のLTV向上に向けた顧客データ統合分析プロジェクト

概要

企業名

レジャー事業会社様


課題

ロイヤルカスタマー離反防止のためのCRM戦略の設計


ソリューション

ジャーニーデータ分析


成果

テストマーケティングを通じ、CRM戦略やデータ活用戦略を具体化できた

STORY

LTV向上のために不可欠だった高度なデータ分析を実施

クライアントは国内有数のテーマパークを運営するレジャー系サービス企業。主力商品のひとつである「高額宿泊パッケージ」に関しては、これまでも顧客データの分析を行うことでブラッシュアップを繰り返していたものの、詳細なデータの調査についてはブラックボックスが多い状態。そこで、「より詳細な分析を行うことでリピーター育成の重要性を解き明かし、LTV(Life Time Value、顧客生涯価値)向上のための施策の具体化を進めていきたい」という課題を持っていました。

データを深く読み解くことで見えたリアルな顧客像

クロス・マーケティングでは、クライアントのECサイト上の注文データにサイトログ、メールログのデータを統合。顧客ごとの時系列データを作成・可視化するジャーニーデータ分析の手法を用いて分析を進めました。
そして、ひとりひとりのデータ(個票データ)を読み解いていく中で見えてきたのが、「顧客の来場周期や同伴者数の変化など、ライフステージの違いに応じて定着率が変動する」という、マクロ視点での分析だけでは見えてこなかったリアルな実態。そして、これらを検証するためにエンドユーザーへのアンケートやインタビューを通してこれまで仮説止まりだった顧客インサイトの“見える化”に成功したのです。また、今後の運用に向けて、分析結果からテストマーケティングのアイデア出しまでの支援も行いました。

クライアント社内にデータ運用・分析のカルチャーを定着

クライアントのデータ活用を後押しし、具体的なCRM運用施策の案出しから社内でのテストマーケティングの実行まで伴走。その後も、クライアント社内では顧客育成に向けた一連のデータ運用が継続的に実行されています。

SCHEME

レジャー事業会社様