ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索

Data Marketing

  • データマーケティングコラム

ポストCookie時代に注目されるゼロパーティデータとは

2022 / 04 / 22

#消費者行動,#データ分析・活用

ポストCookie時代に注目されるゼロパーティデータとは

海外では2020年1月にカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)や2018年5月にEU一般データ保護規則(GDPR)が施行され、日本でも個人情報保護法が2022年4月に改正されるなど、Cookieが個人関連情報と定義される流れができています。そのため、Cookieについてもデータの取得・利用への同意取得の義務が発生してきているのです。その流れの中で、「ゼロパーティデータ」と呼ばれる、顧客が企業と共有するデータが注目を集めています。今回はゼロパーティデータに関して、登場の背景やメリット、デメリットと共にお伝えしていきます。

ゼロパーティデータとは

ゼロパーティデータとは、顧客が意図的・積極的に企業と共有するデータのことで、メールデータ、購入意思、個人的背景など、ユーザーが企業に認識してほしい情報が含まれます。これらの情報は、ユーザーの同意を得たうえで収集されていきます。

ゼロパーティデータが登場した背景

ゼロパーティデータとは従来のサードパーティデータへの対比概念として、USの調査会社「フォレスター」が2018年に命名した言葉です。GDPR(EU一般データ保護規則)、CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)といった国外での法規制が始まり、さらにGoogle、AppleなどがCookie利用規制を始めた背景から、本人の同意を得ずに収集したユーザー情報を利活用することは難しくなってきています。このような状況から、ユーザーが許諾済みであり、さらに自ら送付してくるゼロパーティデータに注目が集まってきています。


20220422_02

ゼロパーティデータの重要性

データを提供するほど顧客が企業を信頼している場合、顧客のニーズを推測する必要がほぼなくなるため、ゼロパーティデータが重要であることは自明です。ユーザー行動のトラッキング拒否が簡単にできるようになったことで、これからは顧客が同意したうえで自発的に提供してくれるデータをより重視するような時代になっていくでしょう。

◆ゼロパーティデータのメリット
一般的には後述するファーストパーティデータに多い推測データよりも、同意のうえで提供されたゼロパーティデータのほうが正確です。ゼロパーティデータを使うと、効率的にターゲティングした広告出稿ができるだけでなく、顧客の考え方の分析も可能になります。

◆ゼロパーティデータのデメリット
ゼロパーティデータは、大量に集めにくいという性質があります。影響力のあるキャンペーンを展開するのに必要なだけのゼロパーティデータを集めるのは、比較的高いコストがかかり容易ではありません。

ゼロパーティデータと関連するデータ

ここからは、ゼロパーティデータと関連するデータにはどのようなものがあるか、みていきましょう。

◆ファーストパーティデータ
ファーストパーティデータは、企業が蓄積する自社顧客やユーザーに関するデータのことです。収集方法から活用まで自社が完全にコントロールできます。またゼロパーティデータと比べると、消費者からの同意を必要としないという点で収集は簡単です。ただしCookieについては、GDPRで「個人情報」と定義されているため同意が必須で、日本でも法改正により、今後同意なしで取得できるデータが制限される可能性があります。また、あくまで観測データのため正確性が劣る他、顧客以外の消費者を含む広範囲な市場を把握することは困難でしょう。

◆セカンドパーティデータ
セカンドパーティデータは、企業がパートナー会社から直接取得する消費者データのことです。自社単独では収集できない情報を含む点にメリットがありますが、収集方法や管理方法は操作できません。データの範囲も限定されます。

◆サードパーティデータ
サードパーティデータは、自社やパートナー企業以外の第三者が提供するデータのことです。自社の顧客やユーザー以外のデータも広範囲に収集できますが、第三者のデータであることから信頼性は低くなってしまいます。また個人情報保護規制の強化などで収集できなくなるリスクもあります。


20220422_03_2

ゼロパーティデータの特徴を知って効果的な利用を

ゼロパーティデータとは、顧客が自ら企業と共有するデータのことです。顧客が自ら提供するデータのため、企業が推測で集めたデータよりも正確ですが、広く世間のデータを集めきるにはゼロパーティデータだけでは不十分な部分もあります。場合によっては他のデータと組み合わせてマーケティングを実施していく必要があるでしょう。

クロス・マーケティングでは、貴社の顧客に対するアンケート調査を通じてゼロパーティデータを収集し、売上データ・行動データを紐づけた分析の支援をしております。セグメント別の最適なマーケティング戦略立案に貢献いたしますので、ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。


■参考サイト:
https://www.salesforce.com/jp/resources/articles/what-is-zero-party-data/
https://digiday.jp/brands/what-is-zero-party-data/
https://solutions.dac.co.jp/glossary/zero-party_data
https://www.sprocket.bz/blog/20200908.html
https://synoint.jp/2021/02/what-is-zeropartydata/
https://www.cheetahdigital.com/jp/blog/jp-what-zero-party-data
https://makitani.net/shimauma/zero-party-data
https://bicpdata.jp/blogs/20210308_434/

Related Column/ 関連コラム

Cross Marketing ホーム

コラム

データマーケティングコラム

ポストCookie時代に注目されるゼロパーティデータとは