ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Global Column

グローバルコラム
グローバルコラム

クロス・マーケティングはUK、US、中国、インド、シンガポール、インドネシアなどに多数の海外拠点を持ち、欧米先進国、BRICs、アジアを中心に世界85カ国で調査可能です。各海外拠点の担当者が現地の最新マーケティング事情をリアルタイムでお伝えします。

記事一覧

  • コロナで変わるグローバル環境。今後の海外展開で重要なこととは
    グローバルコラム

    コロナで変わるグローバル環境。今後の海外展開で重要なこととは

    現在、日本では沖縄を除く9都道府県で3回目の緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだ先行きが不透明な状況が続いています。新型コロナウイルスの感染拡大によって経済にも大きなインパクトをもたらし、各業界の企業は見えない出口に向かいながらも様々な施策に取り組み、生き残りをかけて展開しています。今回のグローバルコラムでは、新型コロナウイルス流行前から現在に至る状況を振り返りながら、今後どのような対策をとっていくべきか考えていきたいと思います。

    取材担当 / 谷村 真

    2021 / 06 / 25

    #コミュニケーション,#消費者行動,#消費市場

  • 世界中で注目されている音声メディアの現状と今後の可能性 ~中国の音声メディア事例から考える~
    グローバルコラム

    世界中で注目されている音声メディアの現状と今後の可能性 ~中国の音声メディア事例から考える~

    近年、各国で音声メディア市場が広がりを見せています。2021年1月アメリカの音声SNS「Clubhouse」が日本に登場したことで一気に注目を集めました。日本ではまだ広く活用されているとは言えない音声メディアですが、実は既に数多く存在し、それぞれの特徴をもって展開しています。代表的なものとしては、インターネットラジオ「radiko」、インターネット音声配信システム「Podcast」、Amazonのオーディオブック「Audible」、音声配信プラットフォーム「Voicy」などが挙げられます。
    今回は、今後ますます拡大が予想される音声メディア市場について、ビジネス、私生活の両側面で日常的に音声を活用している中国の様子を紹介したいと思います。

    取材担当 / 谷村 真

    2021 / 05 / 14

    #コミュニケーション,#SNS,#トレンド

  • グローバルマーケティング施策立案のカギ 「ソーシャルリスニング」の活用法!
    グローバルコラム

    グローバルマーケティング施策立案のカギ 「ソーシャルリスニング」の活用法!

    企業活動をするうえで、いまやソーシャルリスニングは必要不可欠です。
    マーケティング業界では、ここ数年でソーシャルリスニングを活用することが当たり前になりました。ソーシャルリスニングとは、「ソーシャル」を「リスニング=傾聴する」ということであり、一般的には、TwitterやInstagramなどのSNSを分析して、課題に役立てることを意味します。

    取材担当 / 谷村 真

    2021 / 04 / 09

    #消費者行動,#消費市場,#SNS,#トレンド

  • 今後のデジタル通貨の可能性 キャッシュレス大国、中国の「デジタル人民元」から考える
    グローバルコラム

    今後のデジタル通貨の可能性 キャッシュレス大国、中国の「デジタル人民元」から考える

    最近、“デジタル人民元”が注目を集めています。中国は2020年10月に深セン、12月には蘇州で大規模なデジタル通貨の試験運用を実施しました。ユーザーは、デジタル通貨の試験的な活用に興奮した模様です。

    私たちは、「グローバルビジネスをもっと簡単に」という標語でビジネスを展開する、リサーチ・マーケティング企業です。業務の中には海外ニュースを追いかけるといったことも含まれますが、私自身のキャリアが中国から始まったということもあり、特に中国のニュースは注視しています。中国のニュースでは、いつも最先端の取り組みが紹介され、我々ビジネスマンを興奮させてくれます。

    その中で今回、デジタル人民元を取り上げたのは、今後の世界を大きく変えるひとつのきっかけになるのではないかと思ったからです。

    デジタル人民元は、中国共産党中央委員会が国家経済社会開発第14次5カ年計画と2035年ビジョン目標の策定に関する提案をもとに、デジタル通貨の研究開発を着実に推進する取り組みです。そのような枠組みの中で中国人民銀行は、広東省深圳や北京の雄安新区、江蘇省蘇州、四川省成都の4都市に、2022年の北京冬季五輪会場予定地を加えた、いわゆる「4+1」でデジタル通貨の実用化に向けた試験運用を開始しました。

    取材担当 / 谷村 真

    2021 / 02 / 19

    #テクノロジー,#トレンド

  • 2020年を日本と中国の流行語で振り返る
    グローバルコラム

    2020年を日本と中国の流行語で振り返る

    今回は2021年第1弾のグローバルコラムということで、昨年の流行語をみなさんと共有していこうと思います。2020年は全世界で新型コロナウイルスが蔓延し、未曾有の環境を体験することとなりました。その中でどのような言葉が流行ったのか、日本と中国の流行語を比較することでそれぞれの地域の特徴を見てみたいと思います。

    取材担当 / 谷村 真

    2021 / 01 / 22

    #生活 文化,#トレンド

  • 越境ECで海外を攻める!withコロナのマーケティング戦略
    グローバルコラム

    越境ECで海外を攻める!withコロナのマーケティング戦略

    世間では新型コロナウイルスが再び猛威を振るっている一方で、ビジネスにおいては、あらゆる企業が自社のビジネスモデルやサービスをWithコロナの方向性にシフトチェンジしながら、止まった時間を動かそうとしています。

    当社への問い合わせも9月から11月にかけて増加傾向にあり、その内容にも戦略の変化や企業努力が伺えます。
    最近の傾向をみると、海外に商品やサービスを販売したいといったニーズが改めて増えてきたことに気づきます。近年、インバウンドの盛り上がりを受けて、国内市場を重点的に攻めていた企業も、条件つきではありますが、コロナ禍でその戦略を大幅に変えてきているようです。

    取材担当 / 谷村 真

    2020 / 12 / 18

    #コミュニケーション,#消費者行動,#消費市場

  • 地方創生再出発!デジタルで挑む海外マーケット
    グローバルコラム

    地方創生再出発!デジタルで挑む海外マーケット

    新型コロナは世界のあり様を一変させました。その中でも、人と常に距離を持って接する新しい生活様式を迎えたことは最も大きな影響と言えるでしょう。

    取材担当 / 谷村 真

    2020 / 11 / 13

    #コミュニケーション,#生活 文化

  • 新興国×日本「企業がSDGsに関わるひとつの形」
    グローバルコラム

    新興国×日本「企業がSDGsに関わるひとつの形」

    SDGsについて、名前を耳にすることは多いですが、その理解はどの程度浸透しているのでしょうか。2018年、経済産業省・関東経済産業局が実施した中小企業500社対象のアンケートによると、80%以上が「SDGsについて全く知らない」と回答しています。現在、その数値は改善されていると思われますが、中小企業においてSDGsの認知・理解度はまだまだ低く、これが一般の人になれば更に低くなると推察されます。

    取材担当 / 谷村 真

    2020 / 10 / 23

    #コミュニケーション,#生活 文化

  • ビジネスにおける海外展開成功の秘訣
    グローバルコラム

    ビジネスにおける海外展開成功の秘訣

    海外展開において調査は必須です。調査を行わず海外で戦うことは、暗闇の中を手探りで進んでいくようなもので、周りの景色も、そこにいる人たちも、自分の立ち位置さえ分からない状態です。そのような状況で目的に至ることなどできないことは容易に想像できるでしょう。やはり、しっかりと調査を行い、目的に対する道筋を設定し進めていくことが重要となります。

    取材担当 / 谷村 真

    2020 / 09 / 04

    #消費者行動,#消費市場,#アンケート調査,#市場調査,#データ分析・活用

  • シリーズ アメリカのSDGs (1)ニューヨークで進むエコライフ
    グローバルコラム

    シリーズ アメリカのSDGs (1)ニューヨークで進むエコライフ

    近年、さまざまなシーンでSDGsという言葉を聞くようになり、注目を集めています。環境問題への取り組みとして、2020年7月からは全小売店にレジ袋有料が義務付けられました。海外では既にレジ袋有料化や廃止が行われている国も多く、レジ袋削減に対する動きは日本より進んでいるといえるでしょう。単にレジ袋を廃止するだけでなく、商品自体の形状を工夫してみたり、自発的にエコバックを持参する意識を持つようアイデアを打ち出したりと、日本でも見習うべきところがあるのではないでしょうか。
    そこでクロス・マーケティングでは世界各国におけるSDGsに対するさまざま取り組みをお伝えするため、30年以上ニューヨークにオフィスを構え暮らしているArc Media, Inc.の竹内氏に協力を依頼し、現地のリアルを綴ってもらいました。

    取材担当 / 竹内 道

    2020 / 04 / 30

    #食品 料理,#生活 文化,#消費者行動,#気づき

  • トルコ就職回想録 ~現地の生活に溶け込むことで、トルコ語の習得スピードが格段にアップ~
    グローバルコラム

    トルコ就職回想録 ~現地の生活に溶け込むことで、トルコ語の習得スピードが格段にアップ~

    トルコといえば、何を思い浮かべるでしょうか。ラクダ?砂漠?トルコ料理?まったくイメージがないという方もいるかもしれません。

    取材担当 / 佐々木 優子

    2019 / 09 / 04

    #コミュニケーション,#生活 文化,#気づき

  • アメリカ留学 ささいなことを放置しないで
    グローバルコラム

    アメリカ留学 ささいなことを放置しないで

    クロス・マーケティングのグローバルコラムをご覧いただきありがとうございます。このコラムでは、当社グループの海外拠点の協力を得て、各国のトレンドや海外進出のヒントなどについてお届けしていますが、今回は昨年12月(2018/12/17「アメリカ人を知っていますか?」)に続いて、広報担当者が自身の体験から、アメリカ留学のちょっとした心得や関連ビジネスの可能性について書いてみます。

    取材担当 / 野々宮 香子

    2019 / 07 / 30

    #食品 料理,#コミュニケーション,#生活 文化

  • 数ヵ月分の収入をつぎ込む!?「春節特需」
    グローバルコラム

    数ヵ月分の収入をつぎ込む!?「春節特需」

    今年、日本は10連休のゴールデンウィークがあったと聞きました。中国のゴールデンウィークといえば「春節(旧正月)」です。

    取材担当 / Apollo Dai

    2019 / 06 / 18

    #家庭 家族,#生活 文化,#消費市場,#季節 イベント

  • “タイポグラフィ”はコミュニケーションツール
    グローバルコラム

    “タイポグラフィ”はコミュニケーションツール

    突然ですが、プレゼンテーションで話す内容を忘れてしまった時のことを想像してみてください。背中には汗がつたい、体が震えるのを感じるでしょう。出席者たちは、この様子を見て、ボディーランゲージによって、アクシデントに気づくはずです。実際には、あなたは身だしなみを整えてプレゼンテーションに臨み、出席者たちを前に堂々と話すことができるでしょう。そして、ボディーランゲージによって、あなたがきちんと準備をして、内容を理解した上で話しているということを伝えることができるはずです。

    取材担当 / Scott Murry

    2019 / 05 / 21

    #コミュニケーション,#気づき

  • シリーズ 成長市場で勝つ (9)タイ高齢化の現状
    グローバルコラム

    シリーズ 成長市場で勝つ (9)タイ高齢化の現状

    今回は当社のメンバーであるタイ人のYosthepとタイの高齢化について話題となったため皆さんと共有してみようと思います。

    取材担当 / 谷村 真

    2019 / 04 / 09

    #シニア 高齢者,#経済成長,#生活 文化,#消費市場

  • PKを外すのはアクション・バイアスのせい?
    グローバルコラム

    PKを外すのはアクション・バイアスのせい?

    日本のプロサッカーリーグ(Jリーグ)での監督経験を持つ吉田達磨氏がシンガポール代表の次期監督候補に浮上しているというニュースを耳にしました。シンガポールで、日本企業を親会社に持つ会社に勤めている私としては、動向が気になって仕方ありません。そこで、今回はサッカーについてのコラムを書いてみます。

    取材担当 / Ravi Miglani

    2019 / 03 / 05

    #コミュニケーション,#生活 文化,#気づき

  • ネットが揺るがす中国の都市ランキング
    グローバルコラム

    ネットが揺るがす中国の都市ランキング

     中国では、11月11日は「独身の日」です。「ひとり」を連想させる「1」が4つ並んでいることにちなんで、1990年代に若者の間で生まれたと言われています。公式の祝日ではありませんが、「独身の日」には、毎年、インターネット通販の大セールが行われています。特に中国の電子商取引(EC)大手アリババの「独身の日セール」は、世界最大のショッピングイベントと言われるほど大規模なもので、2018年に10周年を迎えました。その記念すべき2018年、セール開始後、わずか24時間で、総流通額は308億ドル(前年比27%)に上りました。また、受注額も初めて10億ドルを上回りました。

    取材担当 / Apollo Dai

    2019 / 01 / 29

    #テクノロジー,#経済成長,#生活 文化,#消費者行動,#消費市場,#携帯 スマートフォン

  • アメリカ人を知っていますか?
    グローバルコラム

    アメリカ人を知っていますか?

     クロス・マーケティングのグローバルコラムをご覧いただき、ありがとうございます。このコラムでは、当社グループの海外拠点の協力を得て、各国のトレンドや海外進出のヒントなどについてお伝えしていますが、今回は少し趣向を変えて、留学やアメリカ系企業での勤務経験のある広報担当が、「アメリカ人」についてよもやま話をお送りします。

    取材担当 / 野々宮 香子

    2018 / 12 / 17

    #コミュニケーション,#生活 文化,#気づき,#メディア

  • 中国進出を考えるみなさまに朗報!?ビジネスチャンスとしての中秋節
    グローバルコラム

    中国進出を考えるみなさまに朗報!?ビジネスチャンスとしての中秋節

     日本のみなさまは、そろそろ年末年始の予定を立てていますか。離れてくらす家族にとって、お正月は久しぶりに一緒に過ごせる貴重な時間ですね。中国は春節(旧暦の新年)を盛大に祝うことで知られていますが、秋にも家族の行事があります。それが、「中秋節」です。(旧暦8月15日で、今年は9月24日でした。)日本のお月見にあたり、中国では丸い満月が家族の団らんを象徴すると考えられています。中秋節の時期に帰省することがかなわないと、いつになく寂しさを感じるものです。

    取材担当 / Apollo Dai

    2018 / 11 / 13

    #家庭 家族,#食品 料理,#生活 文化

  • 日本の未来なのか?!中国のモバイル決済
    グローバルコラム

    日本の未来なのか?!中国のモバイル決済

     今回のグローバルコラムでは、中国・上海のキャッシュレス事情について紹介します。
     みなさんもご存じのように、中国では最先端の技術を積極的に導入しており、他国に比べモバイル決済が普及しています。

    取材担当 / Apollo Dai

    2018 / 10 / 02

    #テクノロジー,#生活 文化

すべて表示しました。

Cross Marketing ホーム

コラム

グローバルコラム