ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索




アンケートASP

ネットリサーチとは

ASPとは、Application Service Providerの略で、ネットワーク経由でアプリケーションを利用するサービスやそのサービス提供者をさします。 アンケートASPは、当社のネットリサーチ用アンケートシステムをASPとしてご利用いただけるサービスです。

アンケートASPの特長

アンケートASPでは、当社のパネル以外の調査対象者に調査を実施することができます。

そのため、
  • 自社会員や保有している顧客リストに対して、アンケートを実施したい
  • 社員やスタッフに対して、従業員満足度調査を実施したい
といったシーンで、簡単にアンケートが実施できます。お客様による面倒な設定は不要で、アンケート画面URLのご提供後はすぐに調査を実施できます。

クロス・マーケティングのアンケートASPの特長

POINT1 オーダーメイドのアンケート画面

調査目的に合わせて、お客様ごとにアンケート画面を作成します。ご希望により、お客様のサイトに合わせてカラー変更やロゴ追加等などのカスタマイズも可能です。

POINT2 初期費用0円・最短30日から

アンケートASPのご利用にあたる初期導入費用は無料となっておりますので、ローコストで実施が可能です。

POINT3 充実のサポート体制

ローデータご納品の他、集計・レポート作成などのオプションもご用意しています。詳しくはお気軽にお問い合わせください。



アンケートASPの活用事例

アンケートASPでは、以下のような調査をはじめ、多数ご利用いただいております。

活用事例

  • 従業員満足度調査(ES調査)
  • お客様が管理している会員向けの調査
  • サイト訪問者向け調査
    (サイトユーザビリティ調査/会員以外の訪問者向け調査)
  • 自社ブランドポジション把握調査
    (一般市場調査と従業員満足度調査の両方を同時期に実施)
・・・など多数

標準スケジュール・料金・納品物

標準スケジュール

  • STEP.01
    お打ち合わせ(導入方法/確認事項など)
     
  • STEP.02
    調査票のご入稿
     
  • STEP.03
    画面作成 2営業日~
     
  • STEP.04
    実査 1日~
     
  • STEP.05
    ローデータ・GT表ご納品 1営業日後
     
  • 導入にあたり、運用方法など事前にお打ち合わせさせていただきます。
  • スケジュールは画面のカスタマイズや実査期間によって異なります。

料金

参考価格 ¥120,000(税抜)~

  • 上記は10問・30日間利用・1,000サンプル回収の場合の価格となります。
  • 利用内容によって価格が異なります。お気軽にお見積りをご依頼ください。

納品物

基本・・・
ローデータ、単純集計表(GT表)
オプション・・・
クロス集計表、レポート、調査画面HTMLデータ




Related Contents/ 関連コンテンツ

Related Column/ 関連コラム

Q&A/アンケートASPに関するQ&A

  • 何問くらいが適正ですか?何問まで作成可能ですか?

    過去実績、自社研究結果から、おおよそ30問程度までが適正であると考えております。設問数の上限はございませんが、ボリュームが多すぎる場合、以下の様な影響が考えられます。
     ・途中でやめてしまう回答者が増える
     ・最後の方は適当な回答になりがちになる

  • 回答途中で休憩して、また再開することは可能ですか?

    可能です。回答を完了した次の設問から再開することができます。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

作成から分析までワンストップで行える、カンタン・低コスト・スピーディなセルフ型アンケートツール。

QiQUMO(キクモ)
生活者理解を深め、商品開発に活かしたいマーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

“生活者理解を深め、商品開発に活かしたい”マーケティング担当者向け“ネットリサーチ”入門企画。

初めてのネットリサーチ デキるマーケターはデータで語る!
クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

最高の論文には最高の調査を。クロス・マーケティングの学術調査(アカデミック調査)

学術調査

Q&A/アンケートASPに関するQ&A

  • 何問くらいが適正ですか?何問まで作成可能ですか?

    過去実績、自社研究結果から、おおよそ30問程度までが適正であると考えております。設問数の上限はございませんが、ボリュームが多すぎる場合、以下の様な影響が考えられます。
     ・途中でやめてしまう回答者が増える
     ・最後の方は適当な回答になりがちになる

  • 回答途中で休憩して、また再開することは可能ですか?

    可能です。回答を完了した次の設問から再開することができます。