ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索

Digital Marketing

  • デジタルマーケティングコラム

IoTとは?2010年代~現在にかけてのIoTトレンドを解説

2022 / 05 / 27

#テクノロジー,#生活 文化,#携帯 スマートフォン,#トレンド,#データ分析・活用

IoTとは?2010年代~現在にかけてのIoTトレンドを解説

最近では自宅にスマートスピーカーやセンサー付きの家電を取り入れる人が多くなりました。また、街中でスマートウォッチを着用している人を見かけることも増えてきており、「IoT」は珍しい存在ではなくなりつつあります。これから2回に分けて、IoTとは何かおさらいするとともに、IoTとマーケティングの関係性やビジネスの活用方法について解説します。まず今回は、IoTの言葉の意味・仕組みの解説と、2010年代~現在にかけてのIoTトレンドをご紹介します。

IoTについておさらい

まずはIoTの基本的な仕組みや性質について押さえておきましょう。

◆IoTは「モノのインターネット」


IoTは「Internet of Things」の略で、日本語では「モノのインターネット」と呼ばれています。家電製品や車など、私たちの身の回りにあるさまざまなモノをインターネットに接続し、より便利な生活スタイルを実現しようとするのがIoTの根本的な考え方です。

複数のモノ同士を接続するという考え方は、IoTが普及する前から「M2M(Machine to Machine)」という方法で実現できていました。ただしM2Mの場合はインターネットに接続することなく、単にセンサーネットワークを通じて相互的に情報交換を行うだけなので、IoTのように遠隔地から対象物を計測・制御したり、Webにアクセスして商品を購入するといったことはできませんでした。

デジタル技術が進化した現在では、スマートスピーカーや冷蔵庫をはじめ、エアコンやドア、自動車、工場設備などあらゆるモノにIoT技術が活用されつつあります。

◆IoTでさまざまなモノがインターネットとつながる


では、IoTによってさまざまなモノがインターネットにつながることで、どのようなことが実現できるのでしょうか。

例えばIoT製品の冷蔵庫の場合、庫内に入っている食材をセンサーが読み取り、不足する食材があればAIがオンラインショップから自動で購入してくれます。また、自宅のドアがインターネットにつながっていると、外出先から戸締りの確認を行うことも可能です。こうした最新テクノロジーを駆使した住宅のことを「スマートハウス」と呼びますが、IoTによって生活の利便性やセキュリティが向上するのは間違いありません。

IoTの活用シーンはライフスタイル以外にも、産業用や商用として利用する場面も増えてきました。工場で使用する産業用機器をIoTにつなぐことで、品質予測分析や予知保全などが可能になり、生産性の向上に結び付くことが期待されています。


20220527_02

2010年代~現在にかけてのIoTトレンドの変遷

そもそもIoTという言葉は、1999年にマサチューセッツ工科大学のAutoIDセンサー共同創始者であるケビン・アシュトン氏が最初に使ったとされています。RFID(バーコードの代わりにICタグを電波でスキャンするシステム)の導入によって商品管理システムを効率化するために提唱しました。

その後、2012年にドイツが「Industry4.0」という国家戦略を掲げてから、IoTという言葉は世界的な広がりを見せました。日本国内の製造業においてもIoTを導入することで衰退する業界を守るよう舵を切っています。それから10年が経過した現在では「技術的なIoT」から「サービスとしてのIoT」として進化を遂げています。

つまり2000年~2010年代初頭におけるIoTの考え方は、生産性の向上やデータ管理の効率化といった技術的な目的を最優先事項としていたということです。

しかし2014年にスマートスピーカーが発売されたのを皮切りに、家庭でも利用できるIoTデバイスが急速に普及し始めます。例えば、常に最新の交通状況を知ることができるコネクテッドカーや、活動量や血圧などの情報をネット上で簡単に連携できるスマートウォッチ、外出先から防犯対策ができるホームネットワークシステムなど、一般消費者向けのIoTサービスが数多く登場しました。


20220527_03

まとめ

もともと技術的な活用方法が主流だったIoTですが、一般消費者でも使える「サービスとしてのIoTデバイス」が増え、IoTがより身近な存在になってきました。企業にとってはIoT技術をデジタルマーケティングに活かしたり、IoTに関連する新たな商品やサービスを生み出すといった選択肢が増えたともいえるでしょう。


【参考URL】
https://www.customer-data-cloud.com/blog/iot-marketing.html
https://syncad.jp/marketing-iot/
https://ec-orange.jp/ec-media/?p=9042
https://pagez.jp/blog/delicate-relationship-between-IoT-and-digital-marketing.html
https://www.jutakujohokan.co.jp/article/2020/04/18/iot-housing/
https://myhomemarket.jp/magazine/30-appliances-02-ai/index.html
https://prebell.so-net.ne.jp/tips/pre_20082501.html
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00548/00001/

Related Column/ 関連コラム

Cross Marketing ホーム

コラム

デジタルマーケティングコラム

IoTとは?2010年代~現在にかけてのIoTトレンドを解説