ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

生活者理解調査とは

生活者理解調査とは

マーケティング基礎データとして、生活者の価値観や生活実態を基本属性だけではなく、多様な角度から特徴を捉えます。

生活者理解調査で明らかにできること

生活者の価値観(考え方)

【意識】【嗜好】【価値観】など

生活実態(行動傾向)

【消費実態】【メディア接触】【行動パターン】

調査設計

代表的な調査手法

WEB定量調査

生活者の意識や実態を、定量的に把握することで、全体傾向を把握します。

調査対象者

一般生活者(性・年代・エリア等の属性は幅広く取る)

条件を設定せず幅広く聴取することで、日本人全体の傾向を把握します。

アウトプットイメージ

生活者の価値観(考え方)

生活者の意識を年代別に比較する。基本属性的な特徴から生活者の傾向をとらえます。また、独自のデータベースを活用することにより時系列で比較することも可能です。

30年以上にわたる定点観測によって得られた生活者理解の知見を、データベースとしてご利用いただけます。
※グループ会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント)が提供する、生活者総合ライフスタイル調査「CORE」

今後の余暇の使い方意向(2000年との比較)

生活者理解調査 図1

表の見方(例)

  • 18歳から29歳の女性では「スポーツ活動の充実」が低下し、「趣味・創作活動」が上昇。
  • 24歳以下女性は、「友人・知人とのつきあい」が低下し、「家族 との団らん」が上昇しています。
  • 「旅行」は、24歳以下女性では変わりませんが、25-29歳女性で以前よりもやや低下

生活実態(行動傾向)

性年代別の生活実態(ex.旅行)の差がわかります。また、時系列のデータから生活者の実態変化を理解します。

生活者理解調査 図2

表の見方(例)

  • 旅行機会の多い若者女性だが、10年前と比較すると海外旅行の実施率は低下。国内旅行は、海外旅行ほどの落ち込みは見られません。

標準スケジュール、料金、納品物

標準スケジュール

Web定量調査 約1.5か月

     
  • STEP.01
    調査企画・設計 1週間~
  • STEP.02
    調査票作成~確定 1週間~
  • STEP.03
    調査画面作成~実査 1週間〜
  • STEP.04
    データ作成 / 集計表作成 3日〜
  • STEP.05
    報告書作成 10日~

標準的な料金

150万円~
※1000s/スクリーニング10問/本調査30問

納品物

ローデータ・単純集計表(GT表)、報告会

Cross Marketing ホーム

生活者理解調査