シリーズ ヨーロッパを知る (9)イギリスで人気急上昇中! ‘フラットホワイト’ 是非お試しを! | リサーチ・市場調査・マーケティング

グローバルコラム
2018/7/3

シリーズ ヨーロッパを知る (9)イギリスで人気急上昇中! ‘フラットホワイト’ 是非お試しを!

シリーズ ヨーロッパを知る (9)イギリスで人気急上昇中! ‘フラットホワイト’ 是非お試しを!

拡大する英国のコーヒー市場

 シリーズ”ヨーロッパを知る” 第9回は、英国のカフェ市場の最近のトレンドについてお伝えしたいと思います。

 ロンドンの街を歩いていると、道を曲がるごとにコーヒーショップを見かけます。スターバックス(米)やコスタ(英)、Café Nero(英)、Pret a manger(仏)といった大手チェーンから個人経営のお店まで、様々なコーヒーショップが並んでいます。

 英国コーヒー界の関係者が集まり今後の展望やキートレンドについて話し合うUK Coffee Leader Summit 2018によると、現在英国には約22,845のコーヒーショップがあり、年間約25億杯売れているそうです。英国といえば紅茶を思い浮かべる方が多いと思いますが、いまや英国はコーヒー大国でもあるのです。

 イギリス最大手のコーヒーチェーンCostaの店舗も年々増えており、英国のコーヒー需要が拡大していることがわかります。

 

Graph:Statista 2018

 UK Coffee Leader Summitは 、2021年までにコーヒーショップの年間収益が60億ポンド(約9000億円)を超えると予測しています。また、今後3~5年の間に大手チェーンが継続的に店舗数を拡大することによって、競争がさらに激化すると見込まれています。店舗数や年間売上高については、2025年までにそれぞれ32,000店舗、160億ポンド(約2.4兆円)超と予測されており、この成長が続くと2030年までに英国文化の代名詞のひとつであるパブ(大衆酒場)の数を上回るといわれています。
 

消費者の変化

 チェーン店以外に個人経営のカフェも増えてきています。中には、2-3畳ほどで店舗は狭いもののコーヒーの味を追求しているお店や、朝から移動式の簡易店舗でオフィス街を中心に販売しているお店などもあり、各店舗とも様々な工夫をしているようです。
 

 朝は、通勤前の人々がコーヒーショップで並んでいる光景をよく見かけます。弊社でも、最近は社員がコーヒーを片手に出社してくるようになりました。なぜ今、英国でコーヒーが流行るのか不思議に思う方も多いかもしれませんが、理由の1つとして、コーヒーを飲む機会が増えたことで消費者の味に対する期待が高まり、美味しいコーヒーを提供するお店が増えてきたことが挙げられます。「この店のこのメニューは美味しい」、「この店のコーヒーは香りが違う」、「このコーヒー豆はオーガニック栽培されている」など、消費者は自分なりのこだわりを持ってコーヒーを選んでいるようです。

 コーヒーについて調査を行っている英国のコンサルティング会社Allegra Strategiesは、個人経営の店舗について、22%のコーヒーショップでコーヒーマシンやスタッフ育成、マーケティングのために10,000ポンド(約150万円)以上の投資をする必要があるとしており、変わりゆく消費者のニーズに応えるための取組みがコーヒーショップの経営でも重要であることがわかります。

 

最近よく聞くフラットホワイトって?

 このように、より美味しいコーヒーを求める消費者が増えている中、コーヒーショップで最近よく耳にするようになったのが、‘フラットホワイト’です。コーヒーというとラテ、アメリカーノ、カプチーノを思い浮かべる方が多いかもしれません。コーヒーショップ店員によると、フラットホワイトは英国では比較的最近登場したメニューだそうです。

 最初に聞いた時は、ミルクを泡立てただけのもの?と思ったのですが、その予想は大きくはずれました。フラットホワイトは、簡単に言うとエスプレッソにミルクを混ぜたもので、ラテより濃く、特にミルクにこだわりがあるようで、非常にきめ細かいミルクがエスプレッソに合わされています。この絹のような質感のミルクを作るためには技術が必要だそうですが、それを極めた人が作ったフラットホワイトは、ラテとは違う舌触りで、エスプレッソの味も同時に楽しむことができるため、それが人気の理由の一つになっているようです。

 

 イギリスの高級紙であるインデペンデント紙でもフラットホワイトの歴史は新しいものの、今や英国のコーヒー売上の10%を占めていると報じられました。また、コーヒーショップだけでなく英国のマクドナルドも今年からフラットホワイトのサービスを開始しました。
 

 英国で今年4月に開催された ’The London Coffee Festival’の創始者であるJeffrey Young氏によると、フラットホワイトは英国コーヒー業界において過去10年で最も重要な革新の一つであるといいます。このようにフラットホワイトは英国において新たなトレンドを作りつつあり、今後も拡大していくことが予想されます。最近は、日本でもフラットホワイトを飲めるお店が増えてきたと聞きます。コラムを読んでくださったみなさまもぜひお試しください。新たなコーヒーの扉が開かれるかもしれません。
 

もう1つのトレンド、リサイクル意識

 英国公共放送のBBCによると、コーヒー需要の拡大に伴いコーヒーカップの消費が増えており、このカップに含まれるプラスチックの環境に与える影響が問題視されています。そこで、英国最大のコーヒーチェーンCostaではそのうちの20%に相当する500万個のコーヒーカップを2020年までにリサイクルすることを約束しています。またスターバックスでは、カップを持参した場合は25ペンス(約40円)の値引きを受けることもできます。
 

 さらに英国の高級人気スーパーの1つであるウェイトローズでもリサイクルに対する取組みが今年発表されました。ウェイトローズは、マイウエイトローズというロイヤリティーカードを発行しており、その特典として買い物後に無料のコーヒーサービスを受けることが出来ますが、その際カップを持参してもらうシステムに変更するそうです。今まではレジで紙コップを受け取ってコーヒーマシンに入れに行くという流れだったのですが、このコーヒーカップの提供は今年の秋から廃止されます。これにより、年間5200万カップほどの使用を削減することができるとウェイトローズは発表しています。

 最近では、持参するためのカップの一つとして「ecoffee cup」というオーガニックの竹の繊維などから作られたものを持つ人を見かけるようになりました。英国ではスーパーの袋を持参していない場合に袋代を支払わなければならず、ビニール袋の使用が既に削減されています。今後は、コーヒーカップも同様に持参することが当たり前になっていくのではないでしょうか。

 このように消費者の行動が変化することで新しいトレンドが作られ、そのトレンドに応じて新しい規則や取組みが生まれるということは多くあります。また、海外のトレンドが日本や他の国に影響を及ぼすことも多く見られます。企業では、このようなトレンドをいち早く察知し、商品販売機会を創出するために、定期的に消費者変化を感じ取れるような調査をされることをお勧めします。

 


参照:
■UK Coffee Leader Summit 2018
http://www.ukcoffeeleadersummit.com/yet-growth-uk-coffee-shop-market-coffee-shops-become-new-local/
■Allegra Strategies 2016
www.ae-of-independent-coffee-shops-in-the-uk/bbeychart.co.uk/news/the-ris
■Independent 2018
https://www.independent.co.uk/life-style/flat-white-coffee-culture-antipodean-mcdonalds-advert-starbucks-latte-a8246111.html
■BBC 2018 <http://www.bbc.com/news/business-43801491>
■Costa 2018 <https://www.costa.co.uk/responsibility/our-cups/>
■BBC 2018 <http://www.bbc.com/news/business-43709656>

 

<会社概要>
Cross Marketing Group Inc./ Kadence International
10 Valentine Place , London SE1 8QH The United Kingdom
+44(0)7712 358 284
https://www.kadence.com/
 

Cross Marketing Group Inc. Global HQ Business Development Manager 益並 香奈

大阪生まれ大阪育ち。2008年より外資系IT会社にて製造、流通/サービス、製薬業界のコンサルティング営業を担当。その後自動車部品会社を経て、2013年にクロス・マーケティングに入社。西日本営業部にてB2B、B2C向けの市場調査営業を担当。海外進出における実態把握や、ターゲットとする海外現地で商品を販売するための調査等を数多く経験。2016年8月よりイギリス・ロンドンにあるグループ会社Kadence Internationalに駐在。現在は日系企業の海外進出支援や進出後のマーケティング施策立案等の支援を主に行っている。

このコラムを見た方へのオススメ