マーケティングリサーチは重要! その目的と流れを解説 | リサーチ・市場調査・マーケティング

マーケティングコラム
2018/7/12

マーケティングリサーチは重要! その目的と流れを解説

マーケティングリサーチは重要! その目的と流れを解説

 時代に伴うライフスタイルの変化によって一般消費者のニーズや好みも多様化しています。このような現代において、市場の動向を調査してユーザーのニーズを掴むことは、ビジネスを展開していく上でより重要になってきています。ここではマーケティング施策の一環としてリサーチの目的と流れを解説していきます。
 

マーケティングリサーチの種類と目的

 マーケティング調査は昔から様々な方法で行われてきましたが、一般的によく実施されているいくつかの手法とその目的や特徴などを紹介します。

【アンケート調査】
マーケティングで最も一般的なリサーチの方法で、紙面やWEBサービスを使って質問を用意して実施します。SNSのアンケ-ト機能がついたツール等がよく利用されています。

【訪問調査】
対象ユーザーの自宅に赴いて直接質問をする方法で、地域別の傾向や特性を見るために使われます。調査会社が対象者にマンツーマンで質問して回答を得るので、正確な調査ができますが、コスト面から数に限りがあるのがデメリットとなっています。

【郵送調査】
対象者に郵送でアンケート用紙を送り、回答を記入して返送してもらう方法です。切手代のみの低コストでできますが、郵送の手間がかかることと、回答が必ず返送されるという保証がありません。

【電話調査】
対象者に電話して質問する方法です。直接回答が聞けるという利点があり、訪問調査に比べて対象者宅に赴くという手間が省けるので、低コストで実施できます。

【ソーシャルリスニング】
SNS上に投稿されている個々のユーザーの声を収集して分析します。企業サイドからのアンケートではなく普通に一般消費者の生の声を知ることができます。

【WEBリサーチ】
インターネットを使った不特定のユーザーを対象とした調査です。低料金で多数のモニターを使えるのが特徴で、今の時代に即した手法です。

【グループインタビュー】
複数の対象者を集めて司会者が直接質問して回答を得る方法です。幅広い意見を収集できるので、新商品の開発時などに利用されます。

【CLT調査】
会場に複数の対象者を集めて一斉にアンケートを実施します。短時間でより現実的なデータを収集できます。

【パネル調査】
調査対象となるユーザーに、一定の期間を決めて継続的に質問をしていく方法です。商品に対する直接的な意見や回答の変化を知る目的で使われます。

【モニター調査】
商品の発売前にサンプルを提供して意見を聞く方法です。サンプルで実際に商品を使用した際の感想などを聞くときに利用されます。

【覆面調査】
実店舗営業しているお店に覆面調査員が赴いて調査をする方法です。自然な形でユーザーの意見を聞くことができるのが特徴です。

 

マーケティングリサーチが重要な理由

 ここではマーケティングリサーチが重要だと思われる理由をあげてみます。

【商品開発】
消費者に好まれる商品を開発するためには、企業と消費者の観点をできるだけ同じレベルに近づけることが重要です。マーケティングリサーチをすることによって、消費者が求めている商品を提供できれば購買率も上がります。

【サービスの向上】
消費者のニーズを掴むことによって、より良い商品やサービスが提供できるので、それが企業の発展にもつながります。

【リスクの軽減】
企業サイドからでは見えない問題点を把握することによって、ビジネスリスクを軽減することができます。

 

マーケティングリサーチの流れ

 せっかくマーケティング調査を実施しても、間違った方法だとデータから読み取れる結果も違うものになってしまいます。正しい方法で正確な分析ができるように、ここでは調査にふさわしいリサーチの進め方を紹介します。

【企画】
調査目的/リサーチで何を調べるのかを明確化します。
調査対象/調査の対象者の年代・地域・属性などを限定し抽出します。
調査方法/どのような形式で調査するかを決定します。

【設計】
質問項目設定/具体的な質問項目を設定します。

【実査】
実施/調査を実施します。

【分析】
集計・データ入力/データを回収して集計し入力していきます。
分析/入力されたデータから分析・解析を行って方向性を見極めます。

【提案】
アクション/調査の結果を活用して、具体的なアクションを提案します。

 

まとめ

 どんなビジネスにおいても、需要と供給のバランスがとれていることは重要なポイントになります。企業サイドが「売りたい商品」が、必ずしも消費者サイドが「買いたい商品」とは限らないということは多々あります。市場調査を行わずに販売すると、企業が思うほどは売れなかったというケースも決して珍しいことではありません。失敗してから打開案を探しても遅すぎます。そのような事態を避けるためにも、事前のマーケティングリサーチは欠かせません。こちらで紹介したように、目的を明確にして正しい質問を設定し、正しい流れで調査を実施することによって、正確なデータを抽出することが可能になります。それを有効に活用することがビジネスの発展につながります。
 

このコラムを見た方へのオススメ