第3のミルクに関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

くろめがね

「くろめがね」はクロス・マーケティングが調べたさまざまな情報の入り口です!

あなたが気になる情報もあるかも?ぜひご覧くださいませ!

 

詳細データの無料ダウンロードも可能です。

2015.03.25

第3のミルクに関する調査

牛乳・豆乳に続く「第3のミルク」 アーモンドミルクとライスミルクの認知度は?

全20ページ1735KB

話題沸騰中の「第3のミルク」
アーモンドミルク・ライスミルクの認知度は低め
内容や効果の訴求で飲用意向アップなるか

第3のミルクに関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • アーモンドミルクの内容認知度(言葉・内容ともに知っていると回答)は全体の23.5%で、言葉のみ聞いたことがあったり、内容自体も知らなかったりと認知度は低い。しかし、女性40代では内容理解度が35.0%と、全体よりも10%以上高い結果 <図1>

  • ライスミルクの内容認知度(言葉・内容ともに知っていると回答)は全体の8.4%とかなり低い。男性40代に至っては2.0%しかおらず、 製品内容や効果の訴求に課題があると見られる <図2>

  • アーモンドミルク/ライスミルクそれぞれの飲用意向では、内容や効果を知った上で飲んでみたいと回答した人はアーモンドミルクで52.5%、ライスミルクで40.7%となった。性別で見ると、男性よりも圧倒的に女性の飲用意向が高いことが窺えた <図3>

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
調査対象  : 18~59歳の男女
調査期間  : 2015年3月18日(水)~3月19日(木)
有効回答数 : 800サンプル

詳細な調査データを無料にて配布しております

調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

 

全20ページ1735KB