ファッション・流通 | 無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

ファッション・流通

服装やブランド、流通に関する調査結果を掲載
  • ファッション・流通
    2014.08.18 和装に関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東圏(1都3県)・関西圏(2府2県)に在住する18歳~39歳の男女を対象に、「和装に関する調査」を実施しました。

  • ファッション・流通
    2014.04.21 働く女性の美容行動実態調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、1都3県に住む20~39歳の女性・有職者に「美容に関する悩みとその対処法」を聴取し、働く女性の美容に対する実態及び自宅以外での美容行動「ソト美容」と自宅内で自身で行う美容行動「ウチ美容」の実態把握を行った。

  • ファッション・流通
    2011.05.10 今夏に向けての準備に関する意識・実態調査

    通常でも電力消費量の大きな夏場。とりわけ今夏は、「ピーク時の電力供給が大幅に不足する」とも言われています。本調査では、首都圏、東海圏、関西圏に在住、就労している1,392人を対象に、この夏に向けて企業がどのような対応をとるのか(とっているのか)、それに対して、働く人たちはどのような意識を持っているのかを明らかにしました。

  • ファッション・流通
    2010.11.24 中・高年男性の美容に関する意識・実態調査

    近年、若年層男性をターゲットとした美容商品・化粧品なども増加し、若年層男性の美容に対する実態・意識に焦点があてられています。一方で中・高年男性は美容に対してどのような意識を持ち、行動をとっているのでしょうか。今回は中・高年男性の化粧品の使用・購入実態、ヘア・肌に対する意識と行動や、みだしなみ・匂いなどに対する美容意識についてスポットをあて、その実態を明らかにしました。

  • ファッション・流通
    2010.05.25 クーポン/ネットマネーの利用実態に関する調査

    近年、携帯電話へのメールマガジンにて、各種クーポンを送付する企業が増加しています。その利用率やメールマガジンの配信希望時間などの、実態を把握することを目的とした調査を実施いたしました。なお、本調査では、ネットマネーの利用状況も併せて調査、レポーティングしています。
    ※今回の調査は、調査手法にインターネットリサーチを用いたため、インターネットからのクーポン利用や、ネットマネー利用率は高めに出ている可能性があります。

  • ファッション・流通
    2010.05.18 ポイントプログラムの利用実態に関する調査

    近年、ポイントの相互利用が盛んに行われるようになり、利便性が増しています。ポイントに対する意識や、貯めているポイント、ポイントプログラムの満足度などの実態を把握することを目的とした調査を実施いたしました。
    ※今回の調査は、調査手法にインターネットリサーチを用いたため、インターネットポータルサイト系は高めに出ている可能性があります。

  • ファッション・流通
    2010.04.28 ネット通販に関する調査

    近年、利便性の高いネット通販の売り上げの堅調ぶりが目立っています。以前は実店舗で購入していたものをネットで購入している人も多いと言われる中、実際にどのようにネット通販を利用しているのか、購入品、利用目的、衝動買いの金額などの実態を把握することを目的としました。
    ※今回の調査は、調査手法にインターネットリサーチを用いたため、ネット通販利用率は高めに出ている可能性があります。

  • ファッション・流通
    2010.03.03 ファストファッションに関する調査

    2008年9月の「H&M」、2009年4月の「FOREVER 21」の日本進出により、より多くの人がファッション性の高い商品を手ごろな価格で購入できるようになりました。これらの「最新の流行を採り入れた衣料品を、短いサイクルかつ低価格で販売するブランドやその業務形態」をファストフードになぞらえ、「ファストファッション」という造語も生まれました。本調査は、「ファストファッション」ブランドの日本進出から1年以上経過した今、ブランドの認知、利用はどの程度なのか、ブランドイメージなどもあわせて明らかにすることを目的に実施しました。