グルメ | 無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

グルメ

食品や飲料品などグルメに関する調査結果を掲載
  • グルメ
    2015.12.17 2016年のおせちに関する調査

    日本の伝統文化であり、お正月の定番料理でもあるおせち。近年ではおせちは手作りではなく市販品を購入する人も増加しております。
    本調査では、現在おせちがどのように購入、もしくは手作りされ、また消費されているのかを地域・世帯状況や性年代ごとに確認し、医師や実態の違いを捉え、かつ前年比較を行いました。
    さらに「変わり種おせち」の興味の度合いや、おせち以外のお取り寄せグルメの利用度なども明らかにしました。

  • グルメ
    2015.09.28 アイスクリーム・氷菓に関する調査

    暑い夏。夏になるとアイスをたくさん食べるという方も多いのではないでしょうか。
    本調査では、2015年の夏のアイス食用状況を振り返ると同時に、ブランドのイメージに影響を与えている要素を把握することを目的に市場調査を行いました。

  • グルメ
    2015.08.17 サードウェーブコーヒーに関する調査

    アメリカで起こったコーヒーブームのうち、3回目にあたる流れのことをサードウェーブと呼び、話題となっています。厳選したコーヒー豆の使用や鮮度の徹底管理、且つバリスタがドリップで一杯一杯淹れるという本格的なコーヒーであり、海外の人気店が日本に出店し行列ができるなど、盛り上がりをみせています。
    本調査では、コーヒー全体の飲料頻度の増減意識を含め、サードウェーブコーヒーの認知率、飲用意向などを調査し、その実態について明らかにしました。

  • グルメ
    2014.08.25 プライベートブランドに関する調査(2014年8月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東圏(1都3県)在住する20歳~69歳の男女を対象に、「プライベートブランドに関する調査」を実施しました。

  • グルメ
    2014.07.07 宅飲みに関する調査(2014年7月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「宅飲みに関する調査」を実施しました。

  • グルメ
    2014.06.23 コーヒーに関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~59歳の男女を対象に、「コーヒーに関する調査」を実施しました。

  • グルメ
    2013.09.13 飲食店の利用実態に関する調査

    外食産業の市場規模が減少基調にあるなか、話題になっている店、売り上げを伸ばしている店は一定数存在しています。働き盛りの人々は、どのような基準で外食に利用する店舗を選んでいるのでしょうか。
    本調査は、昼食、接待、デートなど『シチュエーション毎』に、飲食店選択に際して『参考にした情報』や『行きつけの店舗』を聴取し、飲食店の選択基準を把握することを目的として実施しました。

  • グルメ
    2012.09.24 第3のビールに関する調査

    ビールや発泡酒とは別の原料・製法で作られた、ビール風味の発泡アルコール飲料「第3のビール」。一般のビールや発泡酒より酒税の税率が低いために低価格で販売されており、近年人気が広がっています。
    当調査は、第3のビールを購入している人を対象にアンケートを実施いたしました。調査対象者を、購入したことを認識している「意識購入者」と、購入したことを認識していない「無意識購入者」に分類し、それぞれから購入時の様子を聴取することで、コンビニエンスストアにおける第3のビールの購入・飲用実態と、購入ブランドごとの購買者の生活価値観を明らかにします。

  • グルメ
    2011.09.17 缶コーヒーのブランドや購入・飲用シーンに関する調査

    日常的に手に取ったり目に触れる機会の多い缶コーヒー。さまざまなタイプの商品がある中で、「どんな商品を」「誰が」「どのような時に」好んで飲んでいるのか?全国の男女20~69歳を対象に、缶コーヒーのブランドや購入・飲用シーンに関する調査を実施しました。

  • グルメ
    2010.06.23 プライベートブランドに関する調査(2010年6月度)

    近年、消費不況や商品のコモディティ化などを背景に、消費者の間に定着しているプライベートブランド(以下、PB)ですが、一方で、流通企業のPB商品品目の絞り込みや品目によってはナショナルブランド(以下、NB)との価格優位性も失われつつあります。そのような状況下で、消費者はどのような品目でPBとNBの使い分けをしているのでしょうか?本調査では、PBの購入実態やその満足度を把握することを目的とした調査を実施いたしました。

  • グルメ
    2009.07.30 飲料に関する調査

    昨今、飲料業界においては、消費者の健康・ダイエット志向が高まる中で、低カロリー商品やカロリーゼロ商品が多く登場しています。また、「第3のビール」の種類が増加するなど、商品ラインナップがめまぐるしく変化しています。そのような状況下で、消費者が飲料を選択する際の基準を探るため調査を実施いたしました。