都心タクシー初乗り運賃改定!ちょい乗り需要喚起なるか? | CROMEGANE【くろめがね】 | リサーチ・市場調査・マーケティング

くろめがね

「くろめがね」はクロス・マーケティングが調べたさまざまな情報の入り口です!

あなたが気になる情報もあるかも?ぜひご覧くださいませ!

 

詳細データの無料ダウンロードも可能です。

2017.02.23

都心タクシー初乗り運賃改定!ちょい乗り需要喚起なるか?

1月30日から東京都のタクシーの初乗り運賃が改定されたことに伴い、生活者1,000人にタクシーの利用頻度や今後の利用意向についてアンケート調査を行いました!

全25ページ1389KB
  • タクシー乗車頻度は「月に1回」が最多
  • 無線タクシーを呼ぶ場合は「特定のタクシー会社を呼ぶ」派多し
  • 東京都で初乗り運賃改定!今後の利用意向は?

1月30日から東京都でタクシーの初乗り運賃が改定となり、2キロ730円だった初乗り運賃が、1.052キロで410円の変更となりました。

しかし、約2キロまでの運賃はこれまでよりも低くなりますが、約2キロ~約6.5キロまではこれまでとほとんど変わりません。さらに、約6.5キロ以上になると高くなるため、生活者の方々はタクシー利用に対して意識の変化があるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、タクシー利用時の実態のほか、運賃改定後の利用意向などについてを調査しました。

 

タクシー乗車頻度は「月に1回」が最多

タクシー調査 図1

タクシーの乗車頻度では、月に1回以上利用する人は25.6%、ほぼ利用しない(月に0回)人は74.4%と、タクシーを習慣的に利用している人は多くない結果に。

 

月に1回以上利用する頻度の内訳では、「月に1回」が34.4%で最も多く、次いで「月に2~3回」が23.4%、「週に1~2回」が22.3%となった。

意外にも(?)10.5%の人が「ほぼ毎日」利用すると回答しており、通勤や買い物など日々の移動手段としてタクシーを利用しているのかもしれません。

無線タクシーを呼ぶ場合は「特定のタクシー会社を呼ぶ」派多し

タクシー調査 図2

では、実際にタクシーに習慣的に乗っている人(月に1回以上タクシーを利用する人)は、タクシー会社にこだわりがあったり、好きなタクシー会社などがあったりするのでしょうか?

 

そこで今回は【タクシー乗り場から乗車】【流しのタクシーを拾う】【無線タクシーを呼ぶ】のこれら3つの乗車シーン別に、タクシー会社を選んで乗車しているのかどうか聞きました!

 

まず、【タクシー乗り場から乗車】の場合では、「特定の会社を選ぶ(選ぶようにする)」と回答した人は13.3%、「選ばないが好きな会社あり」と回答した人は11.3%となり、6割以上の人が「会社にこだわり無し」という結果になりました。

 

【流しのタクシーを拾う】場合でも、「特定の会社を選ぶ(選ぶようにする)」と回答した人は12.1%、「選ばないが好きな会社あり」と回答した人は13.3%となり、「会社にこだわり無し」が56.6%と、半数以上がこだわらない結果に。

 

しかし、【無線タクシーを呼ぶ】場合では、他の2つのシーンとは一転して「特定の会社を選ぶ(選ぶようにする)」と回答した人が30.5%と大幅アップしています。

 

【タクシー乗り場から乗車】や【流しのタクシーを拾う】場合は、特に特定の会社を選んだりはせずちょうど来たタクシーに乗る場合が多いようですが、自らタクシーを呼んで利用する場合は、好きな会社やこだわりのタクシー会社を選ぶ・選びたいという傾向がみられました。

 

東京都で初乗り運賃改定!今後の利用意向は?

タクシー調査 図3

タクシーの初乗り運賃が改定され、約1カ月が経過しようとしています。

既にタクシーの短距離利用である“ちょい乗り”をして、今までよりも安い!と実感した方もいるのではないでしょうか。

 

東京都在住者の方々に、今後のタクシー利用意向をたずねてみました。

これまでタクシーを月に1回以上利用する人の利用意向では、「積極的に利用したいと思う」が43.1%、「積極的に利用したいとは思わない」が14.6%となり、強い利用意向がみられました。

 

対して、これまでタクシーをほとんど利用しない人の利用意向では、「積極的に利用したい」がわずか3.7%となり、「積極的に利用したいと思わない」が32.3%と、利用意向はあまりみられない結果に。

「現時点ではまだわからない」が64.0%と大半を占めていることからも、これまでタクシーを習慣的に利用することのない人は“ちょい乗り”で運賃が安くなった実感があまり得られないため、利用意向につながらないのかもしれません。

 

今回の都心タクシーの初乗り運賃改定。今後タクシー利用者の増減はどうなるのか、都心以外のタクシーでの運賃改定が行われるのかなど、引き続き動向を探っていきます。

 

調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用) 
調査地域 : 東京・神奈川・千葉・埼玉
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 : 2017年2月18日(土)~2017年2月19日(日) 
有効回答数 : 1,000サンプル

掲載したアンケート結果以外に、さまざまな項目での調査結果を用意しています。

詳細は無料ダウンロードしてご覧ください。

 

<その他の調査項目>

□ タクシーの利用目的/利用状況

□ タクシー会社選定基準

□ 優良タクシー/EV・HVタクシーの利用意向

□ ライドシェアリングサービス/カーシェアリングサービスの利用意向

□ タクシー乗車時のエピソード    など

詳細な調査データを無料にて配布しております

調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

 

全25ページ1389KB