飲料に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

グルメ

食品や飲料品などグルメに関する調査結果を掲載
2009/7/30

飲料に関する調査

昨今、飲料業界においては、消費者の健康・ダイエット志向が高まる中で、低カロリー商品やカロリーゼロ商品が多く登場しています。また、「第3のビール」の種類が増加するなど、商品ラインナップがめまぐるしく変化しています。そのような状況下で、消費者が飲料を選択する際の基準を探るため調査を実施いたしました。

全17ページ1364KB
普段最も飲用するビール系飲料は「ビール」がトップ!しかし、高頻度飲用者では「第3のビール」が4割超える。

調査結果のトピックス

  • 普段最も飲用するビール系飲料の種類は「ビール」がトップ。但し、高頻度飲用者では「第3のビール」が4割を超えトップ。
  • 男性は高年層ほどビールのブランドやメーカーにこだわりが高くなる。
  • チューハイは「いつも同じ商品を購入する」が2割を切り、「店内にある商品から購入する」が5割を超えるなど、商品に対するこだわりはあまり高くないといえる。

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 全国20~69歳の男女
調査期間 2009年7月10日(金)~2009年7月12日(日)
有効回答数 1,200サンプル(人口構成比に基づいて割付)

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全17ページ1364KB