宅飲みに関する調査(2014年7月度) | リサーチ・市場調査・マーケティング

グルメ

食品や飲料品などグルメに関する調査結果を掲載
2014/7/7

宅飲みに関する調査(2014年7月度)

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「宅飲みに関する調査」を実施しました。

全51ページ1009KB
宅飲みは “一日の終わりの儀式”
付き合いでの外飲みが減少し、
一人や少人数で気楽に家で飲みたい人が増加
外では【とりあえずビール】も、家で飲むお酒は自分流
宅飲みに関する調査(2014年7月度) 図1

調査結果のトピックス

  • 外飲みの頻度が減り、宅飲みをする頻度が増えたと回答した人が多い。特に、男性よりも女性においてその傾向が顕著である <図1>
  • 宅飲みが増えてきている理由としては、「自分のペースで飲みたい」(38%)、「夕飯のついでに飲む」(33%)、「ひとりで飲むから」(31%)といった理由が上位に。外で誰かとコミュニケーションを取りながら飲むというよりは、ひとりで気楽に飲みたいという意識の強さが窺える
  • 外飲みで飲むお酒はビールが圧倒的に多い(80%)に対して、宅飲みでは、「ビール」(49%)、「ワイン」(34%)、「第3のビール」(33%)、「サワー・チューハイ」(31%)といったように色んな種類のお酒を飲んでおり、特に女性にその傾向が強い

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
調査対象  : 20~69歳の男女、月に1回以上は宅飲みをする人
調査期間  : 2014年6月13日(金)~6月15日(日)
有効回答数 : 1,000サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全51ページ1009KB